ニュース
» 2004年04月21日 23時10分 UPDATE

Hutchison 3G香港、日本のローミング先はボーダフォン

Hutchison 3G香港は、4月19日から日本国内にてボーダフォンとのW-CDMAローミングを開始した。伸び悩む香港での加入者増を目指す。

[山根康宏,ITmedia]

 香港でW-CDMAサービスを提供中のHutchison 3G香港(ハチソン3G:3HK)は4月19日、日本でのW-CDMAローミングを開始した。日本のローミング先はボーダフォンのW-CDMA回線。利用可能なサービスは音声通話とSMS、パケットデータ通信で、テレビ電話及びコンテンツサービスの利用はできない。ローミング料金は以下のとおり。

ローミング種類 料金
着信料 HK$5.78/分 約81円
日本国内発信 HK$3.88/分 約54円
香港発信(ピーク) HK$12.67/分 約177円
香港発信(オフピーク) HK$7.00/分 約98円
SMS発信 HK$2.24/通 約31円
SMS受信 無料 -
パケットデータ通信 HK$0.15/Kバイト 約2円
パケット課金単位 1Kバイト -

 Hutchison 3G UKにはドコモが出資している関係から(2003年4月23日の記事参照)、ハチソン3G各社がW-CDMA日本ローミングサービスを提供する際には、ドコモのFOMA回線を利用すると見られていた。事実、3HKのU-SIMのPrefered Network(ローミング先優先選択ネットワークオペレーター)には「JP DoCoMo」の名前が入っている。

 しかし現時点でFOMAのW-CDMAネットワークは海外で採用されている規格より前のものであるため、3HKの端末はFOMA回線で使用できない。そのため、同一のW-CDMA規格を採用しているボーダフォンと日本ローミングを先行した模様だ。

 またこの4月から、香港特別行政区(SAR)のパスポート保持者は日本への90日以内の短期滞在時はビザ免除となり、渡航者の増加が期待される。3HKは契約者数が伸び悩んでおり、日本でそのまま使えることをアピールして顧客獲得に結び付けたい考えだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.