ニュース
» 2004年05月11日 11時35分 UPDATE

世界最小69グラムのiモード端末「premini」

高級感あふれるボディを備えた世界最小のiモード端末が登場する。ソニー・エリクソン製。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは5月11日、世界最小となる69グラムのiモード端末「premini」を発表した。ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製で、機能を絞って超小型化した。

premini1.jpg

 カメラや外部メモリQVGA液晶などは省かれ、通話・メール・ブラウジングなどに特化した。「携帯市場はまさに成熟期を迎えている。FOMAをハイエンド端末と位置づけ、50xシリーズや2xxシリーズがシンプル機能を追求する必要がある」(ドコモ)

 preminiとは、premier+miniというコンセプトに基づく造語。

premini2.jpg 右側面にはページ送りキー、左側面にはキーロック用のスライドスイッチを備える。ストラップホールは上部のアーチ型アンテナの下に配置されている

 「FOMAでは不可能な、小型にこだわったコンセプチュアルな形状」と説明する通り、幅39ミリ、厚み19ミリ、重さ69グラムという超小型形状を実現。アルマイト処理を施したアルミニウムボディを備え、高級感を出した。

 小型軽量ながら、スロープ上にキーを階段のように配列し、打ちやすいキーを実現。液晶も1.3インチながら高精細化によって見やすい文字を表示する。ジョグダイヤルは備えないが、文字入力機能には「POBox」を搭載した。一般的な携帯電話に近い容量600mAhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、一般的な通話時間、待受時間も確保した。底面に備えたマイクも高感度品を採用した。

 ターゲットとするのは20代〜30代の男性。発売は夏頃の予定で、価格は1万円台になる見込み。型番としては「SO213i」となる。

premini3.jpg 「D506i」と並べてみた。小ささがよく分かる。キーはスロープ上に階段のように並べられており、ピッチは狭いが干渉しない

 主な仕様は以下の通り。

型名 premini(SO213i)
サイズ(幅×高さ×厚み) 39×90×19ミリ
重さ 69グラム以下
連続通話時間 100分
連続待受時間 300時間
ディスプレイ 1.3インチ(160×128)6万5536色半透過型TFT液晶
Black/Silver

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.