ニュース
» 2004年05月13日 14時30分 UPDATE

ビジネスシヨウ TOKYO2004:若者向けのエンタメ系メガピクセルケータイ〜「V601T」

着うた、カラオケ、ムービー変装、拡張された256Kアプリ──。ボーダフォンが打ち出したPDC向けのエンタテインメント機能を若者層に楽しんでもらおうというのが「V601T」のコンセプトだ。

[後藤祥子,ITmedia]

 ボーダフォンはこの夏、2.5世代のPDC向けに新サービスを提供する。3Gサービスで人気の「着うた」(5月10日の記事参照)、ケータイとテレビをケーブルでつないでカラオケを楽しめる「ケータイカラオケ」(5月13日の記事参照)、写真やムービーに変装アイテムを付けられる「ムービー変装」、高速ゲームアプリを楽しめる「256KアプリVer.2」(5月10日の記事参照)だ。

 こうした新機能を若者層に気軽の楽しんでもらおうというコンセプトで開発されたのが、東芝製の「V601T」(5月10日の記事参照)。ボーダフォンの夏モデルでは、シャープ製の「V602SH」(5月11日の記事参照)も、これらの新機能に対応しているが、大きくアピールするのはやはり光学ズーム付きの202万画素カメラ。V601Tは、「エンタメ系機能にふった端末」だとボーダフォンは説明する。

sa_t1.jpg
 ボディカラーはオレンジとホワイト、ネイビー
sa_t7.jpg
 エンタメ系ケータイといいながらも、カメラは130万画素CMOSとメガピクセル。QVGAサイズの動画撮影が可能で、撮った動画はテレビに出力できる

 ボディデザインやカラーもポップなイメージ。ダイヤルキーやソフトキーの中心部が若干盛り上がって押しやすくなっているのも、“ケータイタッチタイプがあたりまえ”といわれる若者層にウケそうだ。

sa_t2.jpg
 ボディの内側はパールの入った塗装が施されている。着信通知ランプはヒンジ部に装備。本体左側面にはマクロ切り替えスイッチとヘッドフォン端子、SDカードスロットが搭載される

大型スピーカーとカラオケ専用マイク

 エンタメケータイをうたうだけあって、ハードウェア面にもさまざまな工夫が見られる。端末の右側面にはカラオケとボイスレコーダ専用のマイクを用意。端末を閉じたままマイクのように握ってカラオケを楽しめるようになっている。

sa_t4.jpg
 カラオケ専用マイク。端末をマイクのように握って熱唱できる

 スピーカーも背面に直径20ミリと大型のものを搭載。ダウンロードした着うたを大きくきれいな音で聴けるという。

 ソフトウェアでユニークなのは、着うた再生用プレイヤーを装備している点。ダウンロードした着うたを「ランダム再生」「1曲リピート」「スキップ再生」「フォルダ全曲リピート」させることが可能で、簡易音楽プレイヤーのように使える。着うたは端末を閉じたままでも再生でき、背面液晶とサイドキーで再生や選曲などの操作を行える。

sa_t6.jpg

 また、着うたの最初の部分だけを少し再生して曲名を当てる「イントロクイズ機能」も搭載。クイズは再生時間に応じた「スーパーモード」「ふつうモード」「初心者モード」から選択でき、正解ボタンを押すと曲名が表示される仕組みだ。

sa_t5.jpg

辞書機能を装備、くーまんは音声認識対応に

 V601Tは、これまでの端末で好評だった機能も搭載されている。「J-T010」で搭載された国語・和英・英和辞書を本体に内蔵(2003年7月の記事参照)、ポケットデータベース(2003年7月の記事参照)の搭載も検討しているという。

sa_t3.jpg
 東芝端末の辞書は、メールの文面から分からない言葉をコピーして辞書を引く、といった使い方もできる。メニュー内にはポケットデータベースもあったが、搭載するかどうかは検討中

 待受画面上を動き回るキャラクター「くーまん」もバージョンアップ。音声認識に対応し、携帯電話のマイクを使って話しかけられるようになった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.