ニュース
» 2004年05月14日 18時03分 公開

ドコモ、新社長は中村維夫氏

ドコモの新社長に中村維夫氏の就任が決まった。現在、社長を務める立川敬二氏は相談役に退く。

[後藤祥子,ITmedia]

 NTTドコモは5月14日、役員人事を発表した。現在、社長を務める立川敬二氏は相談役に退き、新社長には現在、副社長の中村維夫が就任する。役員異動は6月18日付で実施される。

 中村維夫氏は、東京大学法学部卒の60歳。1969年に日本電信電話公社に入社、1998年にドコモの取締役経理部長に迎えられた。

 1998年10月にドコモが東証一部上場するにあたって尽力するなど、主に業務畑を歩んだ人物。またFOMAの立ち上げかにもかかわり、FOMA軌道に乗るまで営業面のリーダーとしての責務を果たしたという。

 なお一部媒体で社長候補として名前が挙がっていた、副社長の津田志郎氏は退任する(4月8日の記事参照)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう