ニュース
» 2004年05月24日 17時36分 UPDATE

「キモチ♪伝わる 着ムービー」コンテスト、頂点に立つのは?

デジタルハリウッドとKDDIの共催で開催された着ムービーコンテスト「EZアワード2」。5月31日の授賞式で、最優秀賞と優秀賞が発表される。

[ITmedia]

 デジタルハリウッドとKDDIは、両社が共催した「EZアワード2」(2月26日の記事参照)の授賞式を5月31日に行うと発表した。入賞者は本日発表され、最優秀賞と優秀賞は授賞式当日に明らかになる。

  • 「EZアワード2」授賞者一覧
タイトル/作者
「喜」部門賞 想い/OSM
「怒」部門賞 顔面ボール/もぐお
「哀」部門賞 イチゴマンの一日/アフロガエル(イチゴ味)
「楽」部門賞 かまって/saya
「!」部門賞 気づいたら…/スグル
審査員特別賞 LOVEティッシュ/ナッガイ
デジハリ賞 おーい!/おねいつん
KDDI賞 run run run/鈴木雅之
ヤマハ賞 ピース・スマイル/さだ
 受賞作品は「EZインターネット」-「トップメニュー」-「What's New」-「おすすめサイト」-「EZアワード」から閲覧できる。PCはhttp://www.ez-award.com/から

 「EZアワード2」は、「キモチ♪伝わる 着ムービー」をコンセプトにした、クリエーター向け着うたコンテスト。4月25日の締め切りまでに、前回(2002年6月の記事参照)の応募総数435作品を上回る525作品が寄せられたという。

 デジタルハリウッド大学院学長の杉山知之氏、KDDIコンテンツ・メディア本部長の高橋誠氏、音楽アーティストのサエキけんぞう氏、heath氏ら7人が審査を行い、各賞の受賞者が決まった。

 六本木ヒルズで開催される授賞式では、高橋誠氏とサエキけんぞう氏、杉山知之氏による「パーソナルメディア“ケータイ”の可能性」と題されたパネルディスカッションも行われる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.