ニュース
» 2004年06月01日 17時28分 UPDATE

デコメール・辞書機能を強化〜N900iS

N900iSは、N900iの“バージョンアップモデル”と位置付けられる端末。アークラインデザインはそのままに、デコメール機能や辞書機能などの強化を図った。

[杉浦正武,ITmedia]

 6月1日に発表された「N900iS」(6月1日の記事参照)は、「N900i」をベースにした“バージョンアップモデル”と位置付けられる端末だ。ユーザーに好評だったというアークラインデザインはそのまま残し、デコメール機能や辞書機能などソフトウェア面で強化を図っている。

Photo 4色のカラーバリエーション。レッドとピンクが新しいほか、ブラックとシルバーも900iから若干雰囲気が変わった

 “900iS”端末は、900iシリーズの上位機種と位置付けられている。同日発表になった「F900iT」「P900iV」のように特徴的な機能を搭載しているわけではないが、900iから細かい改良が重ねられた。「やはりNECの端末はユーザーの要望が大きいということで、“iS端末”を出すことになった」(NTTドコモ)。価格はオープンだが、従来のFOMAスタンダードモデルにならった値付けになる見込み。

Photo N900iと並べたところ(右がN900i)。サイズはほとんど変わらない。レッドとブラックの端末はツヤだしがかけられているのだが、光沢が分かるだろうか
Photo 側面のボタン。N900iから特に変更されていない。「多少のデザイン変更を除き、外見上の大きな変化はない」(説明員)

デコメールのインタフェースが進化

 ドコモが掲げるN900iSのコンセプトは、「デコメールをもっと楽しく、もっと簡単に」。デコメールを気軽に作成できるよう、「誕生祝い」などのデコメールテンプレートを20種類内蔵している。ユーザーはシーンにあったものを選択して、送信すればいい。

Photo (左)テンプレート一覧。左下には「デモ」ボタンがあり、どのようなデコメールか確認できる。(右)「Happy!」のテンプレート
Photo デコメール作成画面。どのような効果を付け加えられるか、アイコンで分かりやすく確認できる

 辞書機能も強化された。「T9ダイレクト」を搭載しており、キー入力から直接“漢字候補”を予測表示させられる。「これは506iシリーズのT9とは異なるもの」(ドコモ説明員)。国語、英和、和英辞典は、iモード操作中やメール作成中でもマルチタスク機能により参照可能だ。

Photo 強化された辞書機能。従来の「T9かな変換モード」に加え、新たに「T9漢字変換モード」が追加された
Photo メニュー画面。マルチタスク機能も健在だ
Phto 細かいところでは、メール読み上げ機能が搭載された。受信メールの本文を音声で読み上げてくれる
Photo プリインストールの楽曲
製品名 N900iS
サイズ(幅×高さ×厚み) 48×102×26ミリ
重さ 約115グラム
待受時間(静止時) 約430時間
連続通話時間(テレビ電話時) 140分(90分)
ディスプレイ メイン:約2.2インチ6万5000色TFT液晶、320×240ピクセル(QVGA)、サブ:0.9インチ4096色STN液晶、30×120ピクセル
外部メモリ miniSDカード
カメラ 外側:100万画素スーパーCCDハニカムカメラ、内側:11万画素CCDカメラ
カラー レッド、ピンク、シルバー、ブラック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.