ニュース
» 2004年06月09日 17時21分 UPDATE

学校・家庭・地域間で連携する防犯モバイルシステム

アルプス システム インテグレーションは、インターネットを介して学校・家庭・地域間で情報共有を図る、モバイル対応のWeb&メールシステムを販売開始する。犯罪を未然に防止するのが狙い。

[ITmedia]

 アルプス システム インテグレーションは7月30日より、インターネットを介して学校・家庭・地域間で情報共有を図る、モバイル対応のWeb&メールシステム「Adapt Matrix for School-NET」を販売開始する。

 データベースと連携し、クラスや学年などの条件を設定したリストに対して携帯メールを配信できる。また、連携するWEBサイトを通じて緊急性の高い情報を共有することも可能。これにより地域での緊密な連絡体制が整い、犯罪を未然に防止する効果が期待できるという。

 同システムでは、Webサイトの作成をブラウザ上からワープロ感覚で行える。また、コンテンツの公開期間の設定やサイトマップの自動作成など、運用中のメンテナンスを軽減する機能も用意されている。昨年5月に発売されたモバイルゲートウェイエンジン「Web Chameleon」の基本技術を採用しており、Webサイトを携帯電話、PDA、Lモードなどの、あらゆる端末向けに最適化し、情報の表示、配信が行える。

 「Adapt Matrix for School-NET」の販売価格は1校126万円で、対応OSはRedHat Linux 6.2以上。

 同製品は6月30日から7月2日まで、日本コンベンションセンターで開催される「NETWORLD+I NTEROP 2004 TOKYO」に出展される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.