ニュース
» 2004年06月14日 14時43分 UPDATE

NOKIA CONNECTION 2004:やわらかヒンジのユニークなGSM端末、「Nokia 2650」

Nokiaは内側のヒンジ部がシリコン素材で覆われた、ユニークなGSM端末「Nokia 2650」を発表した。基本的な電話機能を重視した端末で、ターゲットは若いビジネスマン。

[後藤祥子,ITmedia]

 “内側のヒンジ部が柔らかい素材で覆われている”──Nokiaは、ユニークなデザインのGSM端末「2650」を、2004年第3四半期に発売する。価格は120ユーロ前後になる見込み。ボディカラーはレッド、ブラウン、シルバーの3色がラインアップされる。

sa_sin81.jpg
 一見すると普通の折りたたみ端末だが


sa_sin80.jpg
 開くと、内側がシリコン素材で覆われている。ネットワークはGSM900/1800に対応

 カメラこそ備えていないが、GPRSやMMS、Javaに対応。ターゲットはモノクロディスプレイ端末からカラーディスプレイ端末への乗り換えを検討しているユーザーだ。

 ユニークなのは、端末を開いたときの仕組み。ディスプレイ部からダイヤルキー部分までが柔らかいシリコン素材で覆われ、入力時には、方向キー部分を中心に下から光が透過する。

sa_sin82.jpg
 通話やメールが着信すると、端末の中央部が光って知らせる

 折りたたんだ状態では、通話が着信するとダイヤルキー部分と液晶部が白く光り、MMSやショートメールが着信すると青く光る。こうして着信状態を伝える仕組みだ。

 サイズは85×46×22.9ミリ、重さは96.5グラム。

sa_sin55.jpg
 端末を開くとビーチチェアのような姿に


sa_sin54.jpg
 背面には支えのような機構があり、微妙な角度で固定される仕組みだ


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.