ニュース
» 2004年06月21日 20時49分 UPDATE

特集 動き出すFeliCa携帯:「電子チケット」が真のゴールではない?〜ぴあ (1/2)

イベント会場で、携帯をゲートにかざして入場する――。こんな「電子チケット」サービスが、iモードFeliCaの登場で普及へ向かおうとしている。電子チケットを「第3の創業」と位置付ける、ぴあに話を聞いた。

[杉浦正武,ITmedia]

 イベント会場で、携帯をゲートにかざして入場する。こんな「電子チケット」サービスが、iモードFeliCaの登場で普及へ向かおうとしている。

 電子チケット化に積極的に取り組むぴあは、電子チケットを、「第3の創業」と位置付けている。「第2の創業」は、1984年にオンラインチケット販売サービス「チケットぴあ」を開始したとき。今、それ以来となる大きな変革の時期を迎えたという認識だ。

 同社は既に電子チケットサービスを開始しているが、使い勝手から見ても“本命”はやはりiモードFeliCa。同社のコーポレート本部全社戦略室、覚張正浩室長に、FeliCa携帯が事業にもたらすインパクトを聞いた。

Photo ぴあの覚張氏

赤外線で解決しきれなかった「課題」

 同社は2003年10月から、携帯電話やICカードを利用した電子チケットサービスを開始している(2003年9月29日の記事参照)。もっとも携帯電話版サービスはIrDA(赤外線)を利用したもので、今回のようなFeliCaサービスとは異なる。

 覚張氏は、こうした事業が「順調な滑り出し」だと話す。

 「ユーザーサイドでは、あまり問題はない。実際、面倒なのだが携帯で“ピッ”とゲートを通過できると、『おー、通過できた』と素直に喜んだりしている」

 しかしその一方で、興行主側は不安を募らせていると話す。

 「一度使えば手順は分かってもらえるのだが、『あれ、どうだっけ?』とゲート付近で立ち止まるユーザーがいる。ゲートに着いてから、電子チケット関連アプリの起動を始める人もいて、やはり、(行列の)滞留がある」。利用者が増えると、問題になってくるだろうという。

 これを解決できるのが、iモードFeliCaだ。既にお伝えしているとおり、FeliCa携帯では非接触ICチップを搭載しており、アプリなどを起動させる必要なく「かざすだけ」でゲートを通過できる。

 「スタンバイの動作がいらず、電源オフでも利用できる」。

Photo 電子チケット読み取り端末「デジゲート」。現在、約30会場に常設されており、「ショットで(イベントごとに)設置するものも合わせると、のべ80〜90台用意している」(ぴあ)

「FeliCa携帯」に一本化するのか?

 ぴあは今後、従来のIrDAや非接触ICカードのサービスを廃し、FeliCa携帯による電子チケットサービスに一本化するのだろうか。

 覚張氏は、「携帯のサービスはFeliCaへ変わるだろう」と話す。やはり、IrDAに比べたFelicaの優位性は大きい。

 もっとも、“非接触ICカード”方式のサービスは残るだろうという。「携帯の方がディスプレイがあり、使い勝手のいいメディアであることは間違いない。しかし、それではカードがダメで、ナシか、というとそんなことはない」(同氏)。

 「ファンクラブのカードなどは、持っていると『自分はここに帰属しているんだ』という意識が生まれる」。カード表面に自由な絵柄をプリントできるというメリットもあるため、全部携帯にスライドすることはないだろうという。

Photo ぴあは現在、チケットデータをWeb上で管理できるシステム「デジポケ」を提供している。ここからチケットデータを“携帯”に落とすのか、“カード”に落とすのか、リアル店舗などで“紙”として発券するのかは、ユーザー次第だ

 ところで、ぴあはチケットを電子化すれば満足なのだろうか。覚張氏の話を聞いていると、まだ「その先」に描いているプランがあるようだ。

 次ページ:電子チケットが真のゴールではない?
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.