ニュース
» 2004年07月22日 23時42分 UPDATE

知られざる? auトップシェアの三洋

[斎藤健二,ITmedia]

 「5月末の実績で23.3%。auのトップシェアをいただいた」

 7月22日にワイヤレス ジャパン 2004で行われた講演で、三洋電機の壽英司専務が三洋電機の携帯事業の現状を話した。

san1.jpg

 同社の民生機器を扱うコンシューマ企業グループの売上構成比を見ると、ほぼ50%を携帯電話、デジタルカメラ、液晶プロジェクターが占め、6309億円に達する。最も急速に伸びた携帯電話事業は、「新しいことへの挑戦の歴史だった」と壽氏。

 同社だけが提供する国際ローミング可能な端末「GLOBAL PASSPORT」は累計で150万台を販売したほか、世界最薄のCDMA端末となる「C405SA」、FMラジオ内蔵の「A5503SA」など、他社が手を付けない機能を積極的に開発してきた。「超薄型モデルの流れが、INFOBARにつながっている」(壽氏)。

 海外向け展開では、米Sprintから「SCP-8100」を303万台受注するなど、北米が中心の1つ。Sprint向けの出荷は2004年2月に累計1000万台を達成した。

 もう1つの柱がPHSだ。急速に伸びる中国市場向けに三洋はPHSの端末と基地局を提供しており、端末は金額ベースでシェアトップ、台数シェアでは35%に達するという。基地局は22万台を出荷済みだ。

 PHSは中国市場のほかタイ、台湾などでも普及し始めており、台湾で投入したGSMとのデュアル端末も好調(4月28日の記事参照)。「全世界でPHSが1億台を超えるのは間違いない」と述べた。

san2.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう