ニュース
» 2004年08月17日 14時36分 UPDATE

またしてもFOMAに〜「D900i」にバグ

ドコモのFOMAに不具合が絶えない。「P900i」「F900i」「N900i」が2度のバグを出したほか、「SH900i」、そして今回の「D900i」と初期の900iシリーズすべてでバグが発生したことになる。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは8月17日、FOMA「D900i」にソフトウェア上の不具合が見つかったと発表した。同機種はこれまでに約10万7000台が販売されているが、対象となるのは8月以前に製造された端末の一部。8月以降に製造されたものは既に対策済み。

 起こる可能性のある症状は下記の通り。

  • メール作成中、題名入力後、本文に素早くフォーカスを合わせて本文を入力すると操作できなくなる
  • メール詳細画面/新規作成画面で、戻るキー/電源キーで表示を終了させる動作を繰り返すと「メモリ不足」と表示されアプリが起動できない

 不具合は「ソフトウェア更新」機能を使い、通信によって修復可能。本日から2004年12月31日まで対応する。

 FOMA900iシリーズにはソフトウェアのバグが相次いでおり、「P900i」「F900i」「N900i」では2回、「SH900i」でも不具合が発生した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.