ニュース
» 2004年08月30日 15時30分 UPDATE

AirH"対応、飛び出しがないデータ通信カード

本多エレクトロンは「AirH"」に対応した通信機能内蔵PCカード、「AH-H407P」を開発した。全方位可動アンテナを搭載し、未使用時には、ユニットアンテナをPCカード本体に収納できる。

[ITmedia]

 本多エレクトロンはDDIポケットの「AirH"」に対応した通信機能内蔵PCカード、「AH-H407P」を開発したと発表した。9月10日から販売する。価格はオープンだが、6000円程度になる見込み。

photo 「AH-H407P」。PCカードType IIに準拠している

 128K/32Kbpsパケット方式、フレックスチェンジ方式、32K/64Kbps PIAFS方式のいずれにも対応する。全方位可動アンテナを搭載し、未使用時には、ユニットアンテナをPCカード本体に収納できる。

 低消費電力化を実現しており、128Kbpsパケット通信時の消費電力は、約175ミリアンペア。AirH"通信カードとして初めてタイとの国際ローミングに対応しており、付属のユーティリティソフトで「国際ローミングモード」に設定すれば台湾、タイでのデータ通信利用が可能だ。

 付属の「簡単セットアップCD-ROM」に収録された「スタートアップキット」を利用すれば、DDIポケットのISPサービス「PRIN」の接続設定が簡単に行えるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.