ニュース
» 2004年09月14日 18時35分 UPDATE

独Carl Zeissが携帯カメラに参入

独Carl Zeissは独Dialog Semiconductorと提携して、携帯カメラ市場に参入する。将来的には1000万画素の携帯カメラも開発できるという。

[ITmedia]

 独Carl Zeissは独Dialog Semiconductorと提携して、携帯カメラ市場に参入すると発表した。Carl Zeissがレンズを提供する。

 Dialog Semiconductorは、CMOSイメージセンサに技術上の強みを持つ半導体メーカー。同社の技術とCarl Zeissの光学技術と組み合わせることで、高品質の携帯カメラモジュールを開発できるという。

 レンズは3群で、非球面のものが利用される。「レンズはソラマメより小さくできる。最初のカメラモジュールはすぐに量産することになるだろう」(Carl ZeissのInnovation Congress、Winfried Scherle博士)

 Dialog SemiconductorのCEO、Roland Pudelko氏は「次世代の携帯カメラは、CMOSと光学技術をどう組み合わせるかで決まる」と強調。将来的には1000万画素クラスの携帯カメラも開発可能と考えているとした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.