ニュース
» 2004年09月15日 15時39分 UPDATE

ドコモの不具合でツーカー・ボーダフォンも返金

ツーカーとボーダフォンは、ドコモが九州地区および中国地区で通信障害を起こした件で、ツーカー/ボーダフォン発・ドコモ着の通話料を返金処理すると発表した。auは既に返金を発表している。

[ITmedia]

 ツーカーとボーダフォンは、ドコモが九州地区および中国地区で通信障害を起こした件で(9月10日の記事参照)、ツーカー/ボーダフォン発・ドコモ着の通話料を返金処理すると発表した。

 8月11日10時56分から12時06分にかけて、ドコモ九州設備の不具合により、大分県域のFOMAに向けた通話が一部正常に接続できなくなった。また8月11日の15時24分から17日14時27分にかけて、ドコモ中国設備の不具合により、ドコモ中国の携帯向けに発信された一部通話が正常に接続できなくなっていた。

 ツーカーは、対象となる自社ユーザーに対し9月分の請求書で減額調整する。プリペイド式携帯ユーザーは、お客さまセンターへの問い合わせが必要。ボーダフォンは、次回以降の請求で料金を返還するほか、「準備が整い次第」(ボーダフォン)順次、プリペイドユーザーにも返還する。

 なお、auは9月10日の時点で返金に応じることを発表している(auからのお知らせその1その2)。こちらも9月分の請求から該当料金を割り引く予定で、「ぷりペイドサービス」ユーザーは別途問い合わせが必要。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.