速報
» 2004年09月16日 17時24分 UPDATE

シャープ、光学2倍ズーム搭載の携帯向け2メガCCDを開発

1/3インチ200万画素CCDを使った、光学ズーム付きカメラモジュール。厚みは19.2ミリ。

[ITmedia]

 シャープは、光学2倍インナーズーム機構とAF機構を搭載した200万画素CCDカメラモジュール「LZ0P3738」を10月から量産出荷する。ハイエンドカメラ付き携帯電話向け、サンプル価格は2万6250円(税込み)。

sk_sharp.jpg

 標準/2倍切り替え式のインナーズーム機構を、携帯電話向け200万画素CCDモジュールとしては業界で初めて搭載した。インナーズム機構のため、ズーム時にもレンズが飛び出さない上、18.9×9.2×19.2ミリ(容積3.34cc)と小型なため、折り畳み端末への組み込みが可能としている。

 FIT(フレームインターライン)方式を採用し、スミア(強い光源がカメラに入ると上下に縞状の線が入る現象)を抑えた。CCDサイズは1/3インチ。最大1632×1224ピクセルの画像を撮影できる。640×480ピクセル時のフレームレートは15fps。レンズF値はワイド側で3.3、テレ側で4.9。

 月産40万個を計画している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.