ニュース
» 2004年10月01日 19時45分 UPDATE

iモード、WIN向けに、フルブラウザ登場〜jig

FOMAやWIN端末にダウンロードできるフルブラウザ、「jigブラウザ」が登場。PCサイトを携帯上で閲覧できる。

[斎藤健二,ITmedia]

 FOMAやWIN端末にダウンロードできるフルブラウザが登場した。

 jig.jpは10月1日、FOMA 900iシリーズ、au 1X WINシリーズ向けに、Javaを使ったフルブラウザ「jigブラウザ」の販売を開始した。HTML4.0(一部除く)をサポートし、PC向けサイトのほとんどを閲覧できる。

 PCで表示されるレイアウトをそのままに表示する「パソコンモード」のほか、画像を縮小し携帯画面で見やすい「ケータイモード」の2種類のレイアウトを用意した。

jig1.jpg
「パソコンモード」にすれば、PCサイトの一部を切り取ったような表示になる(左)。上下左右にスクロールできる。「ケータイモード」に変えると、画像サイズなどが携帯電話向けに縮小され、頻繁に左右にスクロールしなくてもページが閲覧できる(中)。画面右は、「縮小ビュー」によって、ページの全体像を把握したところ

 大きな特徴は、速度とインタフェースだ。Javaベースでありながら、組み込みのブラウザを凌ぐほどのスクロール速度を持つ。また、「N900i」などに搭載されている「ニューロポインタ」や、「F900iT」に搭載されたタッチパネルにも対応し、矢印によるマウスと同感覚での操作が可能になっている。

 PC向けサイトの閲覧は、大量のパケットが流れるため、同社はパケット定額制との組み合わせを勧めている。ただし、ブラウザとサーバの間でデータを圧縮してパケット量を減らす仕組みも備えている。Yahoo!のトップページをjigブラウザで表示した場合、パケットパック非加入のFOMAで約100円の通信料金。レイアウトを変更し画像データの圧縮をオンにすると、約50円となる。

 jigブラウザの料金は月額1050円、または年間契約6090円。クレジットカードや銀行振り込みで支払う。同社Webページから、無料のデモ版をダウンロードできる。同社は、今後3年間で100万人の会員加入を見込んでいる。

 対応機種は、FOMA 900iシリーズ、およびauの「W11H」「W11K」「A5403CA」「A5406CA」「A5407CA」。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.