ニュース
» 2004年11月01日 18時55分 UPDATE

メール好きには狙い目? W22SAのメール作成機能を試す (1/2)

携帯でメールを打っていて、変換しても期待している候補がでずに四苦八苦したことはないだろうか? W22SAならそのような労力が軽減されるかもしれない。

[吉岡綾乃,ITmedia]
ay_w22sa00.jpg

 4機種登場した冬WINのうち、小型軽量、メモリカードなしと、やや地味な印象のあった三洋電機製端末「W22SA」。実は、メール好きにはちょっと見逃せない機能が隠されている。

 携帯で受け取ったメールに返信するとき、地名や人名が変換候補に出てこなくてひらがなで入力したり、もとのメールを切り貼りして返事を書いたことはないだろうか? W22SAには「返信自動学習」という機能があり、受信メールに出てきた単語を解析して、予測変換辞書の上位に表示させることができる。

 W22SAに搭載されている日本語入力ソフトは、オムロンソフトウェアの開発した「Advanced Wnn V2」。受信メールの解析+辞書表示機能は、Advanced Wnn V2の目玉ともいえる機能だ。W22SAは目下、Advanced Wnn V2が搭載された唯一の端末となっている。

初期設定ではオフになっている

 さてその返信自動学習機能は、初期設定では使わない設定になっている。「Eメールメニュー」-「Eメール設定」-「送信・作成設定」-「返信自動学習」で、返信自動学習機能をオンにしよう。

 W22SAに、「納沙布岬で待ってるよ」というメールを送ってみた。普通にメールを新規作成すると「のさっ」まで入力しても「納沙布」とは出てこないが、受信したメールの返信で入力してみると、「の」と入力しただけで予測変換の一番上に「納沙布」が現れる。「納沙布」を選択・確定すると、次に予測変換の一番上に出てくる単語は「岬」となる。明らかに返信メールを学習した効果といえる。

ay_w22sa02.jpg
返信自動学習機能は初期設定ではオフになっているので、「Eメール設定」-「送信・作成設定」-「返信自動学習」でオンにする(左)/普通にメールを新規作成すると、「の」と入力すると「飲み」「のに」「ので」などの候補が示されるが(中)/「納沙布岬で待ってるよ」というメールの返信を書くと、「の」と入力しただけで「納沙布」の表示が出てくる(右)

 カタカナ単語でも試してみた。辞書に全く入っていない単語を使った例文として「ドルマバフチェ宮殿の前でドンドルマを食べよう」と送ってみる。

 「ドルマバフチェ」も「宮殿」も「ドンドルマ」も予測辞書には入っておらず、最後の文字まで入力しないと変換できないが、返信メール作成では「ド」でドルマバフチェ、「きゅ」で宮殿、「ど」でドンドルマが出てきた。

学習した結果を単語登録

 返信自動学習では、受信したメールを返信するときにしか、解析の結果は反映されない。せっかく解析、学習した単語は辞書に登録させておけば、その後も予測辞書の上位に表示できて便利だ。

 返信メールの作成画面を表示し、「選択」-「範囲指定」で学習させたい単語を範囲指定すると、「範囲指定メニュー」が現れる。ここで辞書を学習させたり、読み方を確認できるようになっている。難読地名などは読み方を確認して、正しい読み方で登録しておくといいだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.