ニュース
» 2004年11月07日 03時16分 UPDATE

talby、表参道デビュー

talbyが表参道にお目見え。ダイヤモンドホール前に展示されたデモ機の周りには人垣ができ、改めて薄さに驚く姿も。

[後藤祥子,ITmedia]

 auのtalbyが表参道にお目見えした(11月5日の記事参照)。街頭には310枚のフラッグが飾られ、ダイヤモンドホールの前にはタッチアンドトライが可能なブースが設置されている。

sa_talb9.jpg
 通りの一帯に飾られたtalbyフラッグ(左)。交番の横には大きな看板も


sa_tal3.jpg
 円形のケースの中にはtalbyや映像モニターが埋め込まれている


sa_talb7.jpg
 タッチアンドトライブースの説明員。使い方を教えてくれる(左)。大小のディスプレイには、マーク・ニューソン氏の来日時の様子や作品が映し出される(右)

 「昨日のブース設営の時から、足を止めて写真を撮る人がいた」(ブースのスタッフ)というように、注目度は高い。「特に積極的に呼び込みをしているわけでもないのに、試していく人が絶えない」(同)。

sa_tal2.jpg
 タッチアンドトライコーナーは盛況。途切れなく人が出入りしていた

 デビューの場に表参道を選んだのは、「デザインの発信地だから」とau営業本部au営業推進部の藏元勝治課長補佐。流行やデザインに関心の高い層が集まる表参道でマーク・ニューソンの世界観を演出、口コミ効果を狙う。

sa_tal1.jpg
 街頭ではスタッフが道行く人に、talbyのカタログとあぶらとり紙が入った袋を配っている。立ち寄るのは若者が多いかと思いきや(10月25日の記事参照)「思っていた以上に年輩の方もtalbyを見ていく」と藏元氏
sa_talb10.jpg
 試せるtalbyは6台。ブースには実物大の紙のtalbyも

 集まった人の反応はどうだろう。「雑誌やWebの写真で、“talbyが薄い”ということを知っている方は多い。でも実際に本物に触れると、改めてその薄さに驚くようだ」(藏元氏)。

 発売前のタッチアンドトライイベントは、ほかの地域で開催することも検討中だというから楽しみだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.