連載
» 2005年01月06日 17時27分 UPDATE

モバイルコンテンツ・プチレビュー:携帯版「ときメモ」であの頃のドキドキを再現!?

近年、純愛ばやりである。世界の中心だったり、電車の中だったり、あちこちで純愛がささやかれている。そんな中、元祖・純愛ゲームが復刻。プレイした感触は?

[小松しおる,ITmedia]

 近年、純愛ばやりである。世界の中心だったり、電車の中だったり、いろいろなところで愛がささやかれている。しかし、現在の20代、30代のゲーマーにとっての純愛の原点はこのゲームでなかっただろうか?

 「ときめきメモリアル」は1994年、PCエンジンSUPER CD-ROM2で発売され、その後数々のメディアへと展開された恋愛シミュレーションゲームの金字塔。いわゆる“ギャルゲー”の走りでもある。当時、周囲を見回すと男性ゲーマーの3人に1人は、何らかの形でこのゲーム、もしくは、このシリーズで遊んでいたといって過言ではなかった。

 そんなゲーマーの皆さんに朗報である。iモードサイト「コナミネットDX」にて「ときめきメモリアル」が遊べるようになったのだ(2004年9月21日の記事参照)。早速、当時のときめきを胸に遊んでみた。

 (C)1994 2004 KONAMI(C)2004 Konami Online
コンテンツ名 iモード版「コナミネットDX」
料金 月額315円
対応キャリア ドコモ
対応機種 FOMA 900i/901iシリーズ
アクセス 「メニューリスト」-「ゲーム」-「ゲームパック」-「コナミネットDX」

 ときめきメモリアルでは、プレイヤーは「私立きらめき高校」に入学した主人公となる。3年間の高校生活でお目当ての女の子を見つけ、仲良くなって伝説の木の下で告白されるのが目的だ。

 毎日せっせと勉強をしたり、クラブ活動に励んだりしながら「芸術」「根性」といった、お目当ての女の子の好むパラメータを上げていく。ネット界では知らぬもののない存在の藤崎詩織をはじめ、眼鏡っ子や元気娘、おっとりさんなど、個性豊かなヒロインたちが待ちかまえている。

携帯ながら、コンソールゲームの雰囲気を再現

 実際にプレイしてみると、きちんとストーリーが再現されていることに感心する。運動会や修学旅行といった学校行事のほか、彼女らをデートに誘ったり、誘われたり、コアラに追いかけられたりと数々の心躍るイベントが繰り広げられる。

 キャラクターのなつかしいセリフも聞くことが可能。特定の部活に入らないと会えない女の子や、女性キャラ全員に嫌われないとハッピーエンドを迎えられないキャラなど、発売から10年たった現在から見ても色あせない工夫が満載だ。

 この手のゲームで重要なのが、ビジュアル面。見たところグラフィックは、とてもきれいに再現されている。顔の横長具合といい、肌の赤み具合といい、プレイステーション版のイラストを移植したのではないかと思われる(PCエンジン版はもう少し顔が長かった)。

 楽しい仕様バッチリであったPCエンジンSUPER CD−ROM2版や、自分から告白できるセガサターン版も良かったが、一番ユーザーが多く安定性のあったところから持ってきたのであろう。やや意外性に欠ける感もあるが、当時を知るものとしては大変嬉しいことだ。

 ただし、ケータイの小さな画面で見ると、どうしても顔のフレームが崩れがちな絵があり、違和感は隠せない。移植と言うことで、いろいろ大変だったとは思うが、もう一踏ん張りほしかったなと思う。

 (C)1994 2004 KONAMI(C)2004 Konami Online

 それとは対照的に力が入っているのが、処々を彩るBGMだ。さすがに各キャラの音声はないが、サウンドにはちょっと注目して頂きたい。3Dサウンド対応、スーパーリアルサラウンドを使用した演出で(12月9日の記事参照)大変きめ細やかにサウンドが再現されている。

 ただ、個人的には別配信でもいいのでオープニングムービーが見られるようだとうれしかった。PCエンジン版なら、900iで表現可能だと思うしね。

本当にケータイして遊べるゲームなのか?

 携帯の限られた容量に、グラフィックを多く使用するゲームを移植した代償だろうか、iモード版ときメモではかなり通信を行う。アプリをダウンロードしてすぐの頃に「パケ放題をオススメします」というメッセージが流れるが、これは本当。実際にシャレにならないほど“Loading”の画面が入る。

 女の子との「下校」イベント発生時には、仕方がないとはいえその都度サーバにデータを読みに行く。そのため「ああ、ここで誰かと下校(イベント)が入るな」と前もって分かってしまう。これではドキドキは半減だ。

 また、通信を頻繁に行うため当然ながら通信環境のよい場所でプレイすることを求められる。たとえば、会社や学校へ電車で移動する途中に遊ぶには、あまり向いていないかもしれない。筆者も実際に電車でプレイしてみたが、きついものがあった。できれば、自宅や昼休みなどに遊ぶのが無難だろう。

 残念な点もあったが、全体としてはコンソールゲームの雰囲気がよく再現されており、満足できる出来ばえ。現在、コナミDXでは「ときめきメモリアル」シリーズの壁紙なども一緒に配信されている。当時を懐かしむのなら、そちらも一緒に楽しんで頂きたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.