ニュース
» 2005年01月08日 19時48分 UPDATE

2005 International CES:Freescale、UWB携帯をデモ カメラ画像を瞬時に転送

世界初のUWB携帯がCESに登場した。SDIO型UWBチップを新開発して搭載。携帯のカメラ機能で撮影した画像を瞬時にPCに転送できる。

[岡田有花,ITmedia]

 米Freescale Semiconductorは「2005 International CES」(米国ラスベガス)の同社ブースで、携帯電話のカメラ機能で撮影した画像データを、UWB経由でPCに転送するデモを行っている。

yu_free_01.jpg

 米Motorolaと共同開発したカメラ付き携帯電話に、SDIO対応のUWBチップを新開発して搭載した。撮影画像を、そばに置いたノートPCに一瞬で転送できる。データ転送速度は110Mbps以上という。画像に加え、512MバイトまでのMP3ファイルもPCとやりとり可能だという。「チップの小型化と低消費電力化に苦労した」(Motorola説明員)。ディスプレイやカメラ機能オンの状態で、連続2時間バッテリーが持つという。

 伝送方式は、MotorolaとFreescaleが推す「DS-UWB」(Direct Sequence-UWB)。UWB標準規格をめぐってIntelとTexas Instrumentsらによる「MB-OFDM」(Multi Band-OFDM)と争っており、今回の展示はDS-UWBの技術的アピールだ。

 Motorola説明員によると、携帯電話はあくまでコンセプトモデル。発売予定はないとしているが、SDIO対応UWBチップは量産準備ができており、今年中にも製品に搭載したい考え。「携帯電話やデジタルカメラなど、さまざまな製品に利用できる」(Freescale説明員)と、ハードメーカーの採用を期待している。

yu_free_02.jpg ノートPCに搭載したMini PCI対応UWBチップ
yu_free_03.jpg 同社ブースでは、ホームサーバからUWBでHDTV映像を転送するワイヤレスホームシアターのデモも行われていた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.