速報
» 2005年01月19日 17時42分 UPDATE

今年買う予定のもの、一番人気は「携帯電話」

C-NEWSによれば、2005年に購入予定のものとして、もっとも多くの人が挙げた製品は「携帯電話」だった。このほか、若い男性の間では「ゲーム機」の人気が高く、2004年末に発売された携帯ゲーム機2機種の影響が大きいようだ。

[ITmedia]

 インフォプラントが運営するインターネットリサーチサイト「C-NEWS」は1月19日、「2005年の消費」に関する意識調査の結果を発表した。同調査は、15歳以上のインターネットユーザー1500人を対象に、2004年12月21〜23日の期間で実施した。

 2005年に購入予定のものを、IT・家電・車など27項目の中から複数回答方式で選択してもらったところ、トップ5は、「携帯電話」(37.7%)、「デジタルカメラ」(18.3%)、「ノートPC」(17.1%)、「DVDレコーダー」(14.7%)、「液晶テレビ」(14.2%)、「ゲーム機」(14.2%)となった。

 携帯電話に関しては、50歳以上を除くすべての年代および性別でトップを獲得。また、ゲーム機は、10代男性で35.3%に達したほか、20〜30代男性でも高い割合を示した。デジタルカメラは、20代男女がほかの年代に比べて高い割合を示し、次いで50歳以上の男女でも多くの人が選択。また、50歳以上の男女では、液晶テレビの割合がほかの年代に比べて多かったという。

 2004年の調査結果と今回のデータを比較すると、ゲーム機購入予定者の割合が2004年の8.5%から今年は14.2%と、高い伸びを示している。これは、2004年末に「ニンテンドーDS」と「PSP」の2機種が発売されたことが影響しており、2005年は両商品が市場をけん引するだろうと、C-NEWSは分析している。また、液晶テレビの割合が10.3%から14.2%と上昇したのに対し、「プラズマテレビ」が5.5%から3.2%へ下落しているのが注目される。

 回答者の現在1か月の小遣いは、「1万円〜2万円未満」の層が20.7%でもっとも多く、次いで、「5000円〜1万円」(20.3%)。昨年と比べて2005年の小遣いがどう変化すると思うかたずねたところ、10代男性・20代男性・10代女性を除くすべての年代・性別において、「減る」と回答した人の比率が、「増える」および「変わらない」よりも高かったという。

 このほか、外食にかける費用は、昨年と比べ「変わらない」とする人がもっとも多かったが、一方で、「増える」と回答した人の割合が26.6%と、「減る」よりも7.3ポイント上回った。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.