ニュース
» 2005年01月26日 17時20分 UPDATE

ボーダフォン、移動体売上3.4%減〜端末販売に遅れも

4月〜12月末での連結売上高は、前年同期比で14.4%減少して1兆1028億円。プリペイドユーザーの増加で、ARPUも前年同期比で9.4%減少している。

[ITmedia]

 ボーダフォンは1月26日、2004年度第3四半期の決算を発表した。3四半期(4月〜12月末)での連結売上高は、前年同期比で14.4%減少して、約1兆1028億円。

売上高
2005年3月期第3四半期 1兆1027億8500万円
2004年3月期第3四半期 1兆2886億8900万円

 売上高が減少した背景には、2003年11月の固定通信事業売却がある。ただし、移動体通信事業の連結売上高だけで見ても、前年同期比で3.4%減少しているという。

 契約者あたりの平均収益を示すARPUは、前年同期比で9.4%減少の7万5133円となった。原因として挙げられたのは、プリペイドユーザーの増加。プリペイドユーザーの総契約数に占める割合は、2003年12月末には8%だったが、2004年12月末時点で11%に上昇している。

 2005年3月期の通期での業績予想は、特に変更なし。ただし、「第3四半期に予定された一部の3G携帯の発売に遅延が見られたため、附帯収入に影響が生じることが予想される」という。このため、売上高は見込みをやや下回るとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.