ニュース
» 2005年01月28日 14時33分 UPDATE

URLや電話番号入りのCメールをブロック〜KDDIが迷惑メール対策

URLや電話番号入りの迷惑Cメールはいらない──。KDDIは、Cメールを使った迷惑メール対策として「Cメール安心ブロック機能」を提供する。

[後藤祥子,ITmedia]

 KDDIは、URLや電話番号入りのCメールを受信拒否できる「Cメール安心ブロック機能」を提供する。Cメールを使った迷惑メールが増えていることから対策に踏み切った。

 設定や解除、設定の確認は、Cメールの送信で行う。URLや電話番号入りのCメールを受けたくない場合は、Cメール本文に “有効”と入力の上、「09044440011」宛てに送信する。受ける必要があるユーザーはCメール本文に“解除”と入力し、「09044440010」宛てに送信すればいい。設定状況の確認は、Cメール本文に“確認”と入力、「09044440012」宛てに送信する。

 3月15日の関東地区を皮切りに、3月17日から中部・関西地区、3月18日から北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・沖縄地区でサービスを開始する。

 なお、Cメール安心ブロック機能は導入日以降、すべての端末においてデフォルトの設定が“有効”になるのには注意が必要。3月1日から3月14日まで機能解除の事前指定を行えるので、メール内にURLや電話番号を入力することが多いユーザーは事前の対応が必要だ。

 KDDIがデフォルト設定を有効にしたのは、Cメールを使った迷惑メールによる被害が急増しているからだという。「auへの送信Cメールのうち、ユーザーが意図していない(いわゆる迷惑Cメール)Cメールは7割近いと推測される。URLのワンクリックによる強制入会や不当請求の被害が増えていることからデフォルト設定を有効にした」(KDDI)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.