ニュース
» 2005年02月09日 18時00分 UPDATE

富士通、携帯向け地デジ受信用チップ〜消費電力50mW

地上デジタルテレビ放送受信時に、消費電力が大きかったチューナー部をΔΣAD変換器で低消費電力化。OFDM復調チップ、H.264デコーダと併せても100mW程度に収まるという。

[ITmedia]

 富士通は、地上デジタルテレビ放送を受信する携帯電話向けに、新チップを開発した。チューナーとOFDM復調チップの合計で、従来100m〜200mWだった消費電力を50mW程度に下げることができる。

 独立行政法人情報研究機構(NICT)からの委託により開発を進めてきたもので、1年以内にモジュールとして製品化する計画だ。

ofdm.jpg 富士通が開発した低消費電力型のアナログデジタル変換器

 低消費電力化のキーとなったのは、新たに開発したデルタシグマ(ΔΣ)方式を採用したアナログデジタル(AD)変換器だ。0.11マイクロメートルプロセスのCMOSを使い、可変分解能のΔΣAD変換器を開発。これにより従来のアナログフィルター+AD変換器に代わり、デジタルフィルターが利用可能になった。チューナー自体の消費電力は30mWとなっている。

 フィルターとAD変換器からなるチューナーは、OFDM復調チップなどに比べて消費電力が大きかった。同社によると、今回の新開発によりH.264デコードチップの消費電力を加えても100mW程度の消費電力に収まるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.