ニュース
» 2005年03月11日 10時31分 UPDATE

CeBIT 2005:ウワサの「ウォークマン携帯」を聴いてきました (1/3)

CeBIT会場で一般ユーザーが最も注目する展示の1つが「ウォークマン携帯」だろう。会場では端末が大量に展示されており、気軽に試聴可能だ。

[杉浦正武,ITmedia]

 「CeBIT 2005」で一般ユーザーが最も注目する展示の1つが、Sony Ericssonの「ウォークマン携帯」ではないだろうか。

 既報のとおり、Sony Ericssonは携帯電話、デジタル音楽プレーヤー、2メガピクセルカメラを一体化した端末「W800i」の開発を表明している。会場では、同機種が大量に用意されており、気軽に試聴可能だった。同社の意気込みが伝わってくるようだ。

PHoto オシャレな展示を発見。これが「ウォークマン携帯」に違いない
PHoto 手に持ってみると、かなり軽い。重さは「100グラム足らず」と伝えられている

 まずは、会場で確認できた限りのスペックから。MP3、AAC、MPEG-4のコーデックに対応しており、外部メモリはメモリースティックPRO Duo。512Mバイトのメモリースティックが付属しており、最大2Gバイトまで対応する。カメラはオートフォーカス対応の、2メガピクセルカメラとなる。

PHOto 端末側面。カメラ起動ボタンと、ボリューム調整キーが見える
PHoto 端末背面(接続されているコードは、展示用のもの)。上部にスライドスイッチが見えるが、これでレンズを開け閉めする
PHoto 「WALKMAN」のロゴが見える。外部メモリはメモリースティック。左にある再生ボタンを押すと、ワンタッチで音楽が開始された
次ページ:それでは、音楽を再生しよう
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.