ニュース
» 2005年03月22日 15時33分 UPDATE

ドコモ、迷惑メール対策強化〜iショット送信制限など

ドコモは迷惑メール対策として、iショットで1日に送信できるメール数を制限すると発表した。「ショートメール拒否機能」も拡充する。

[ITmedia]

 NTTドコモは迷惑メール対策として、iショットで1日に送信できるメール数を制限すると発表した。iショットの受信拒否機能も強化する。同時に、ムーバユーザーに提供している「ショートメール拒否機能」を拡充する。

 迷惑メールを送信する事業者は、1つの契約回線を利用して大量のメール送信を行っている。この手口を防止するため、4月26日からムーバ端末によるiショットの送信可能メール数を1回線あたり1000通/日に設定する。

 1000通未満のiショット迷惑メールも防止すべく、同メールの受信拒否機能を提供。1回線から200通以上のメール送信を行っているムーバユーザーからのiショットメールは、受信拒否できるようにする。具体的には、4月26日から「iメニュー」の「オプション設定」から設定可能になる。

 さらに、ムーバユーザーに提供している「ショートメール拒否機能」を拡充する。現在提供している「一括拒否」に加え、3月24日から発信者が非通知の場合に受信拒否できる「非通知拒否」を提供開始する。やはり「iメニュー」の「オプション設定」から設定可能。追加の月額料金などは発生しない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.