ニュース
» 2005年03月23日 12時25分 UPDATE

jig.jp、携帯向け動画配信プラットフォーム「jigムービー」を発表

パケット定額制を活用し、携帯電話で動画を視聴できる「jigムービー」と、jigムービー形式に動画をエンコードする企業向けサービスが登場する。

[ITmedia]

 jig.jpは3月23日、企業向けサービス「『jigムービー』エンコードサービス」を発表した。携帯電話向けに動画コンテンツ配信を支援するサービスで、独自の動画形式「jigムービー」と、再生専用のFOMA向けアプリ「jigムービープレイヤー」を利用している。24日から提供開始する。

 企業は配信したい動画と、配信用サーバーを用意する。jig.jpは、配信用動画をjigムービー形式に変換し、企業は自社の配信用サーバーでjigムービーを配信する。

 MPEG-2、MPEG-4、DVD-Videoのほか、WindowsMediaPlayer、RealPlayer、QuickTimeで再生可能なファイルであれば、jigムービー形式に変換できる。jigムービーは最大240×240ピクセル、4fpsまで対応。配信可能な最大ビットレートは動画84Kbps、音声が16Kbpsとなる。再生可能時間に制限は設けていない。

 エンドユーザーは、「jigムービープレイヤー」というアプリでjigムービーを再生できる。jigムービープレイヤーの対応機種は、FOMA 901i/900i/700iシリーズ。jigムービープレイヤーを利用するエンドユーザーには、パケット定額制の利用を推奨している。

 エンコードにかかる料金は、ムービー60分まで、1コンテンツ、1回あたり10万円。

 なお、jigムービープレイヤーの配布も企業側で行う。「イニシャルコスト、月額利用料などは不要なので、携帯向け動画エンコードサービスとしてはリーズナブル」とjig.jp。ASP形式でのサービス提供は予定していないという。

jigqr.gif

 http://movie.jig.jp/へ携帯から、または右のQRコードからアクセスすると、サンプルムービーをダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.