ニュース
» 2005年04月14日 15時11分 UPDATE

ドコモ、海外でも使える無線LAN+フルブラウザFOMA「M1000」

ドコモが“海外で使える”ビジネスFOMA「M1000」を発表した。2.9インチのタッチスクリーン、Operaブラウザ、Bluetooth、メガピクセルカメラ、無線LAN機能を装備。iモードには未対応。

[ITmedia]

 NTTドコモはMotorola製のビジネスFOMA「M1000」を発表した。ビジネス向けの“全部入り”ともいえる端末だ。法人利用を想定した端末に位置づけられるが、ドコモによれば「ドコモショップも含む全チャンネルで販売する」という。

sa_m1.jpg
 ビジネス機能の“全部入りFOMA”M1000。タッチスクリーンを採用し、ダイヤルボタンは装備していない。本体に収納可能なスタイラスが付属するなどPDAライクな製品

 OSはSymbian OSを採用し、メインディスプレイはタッチスクリーン対応の2.9インチTFT液晶。スクリーンに触れると指に軽い振動が伝わり、押したことが分かるようになっている。メガピクセルカメラにIEEE802.11bの無線LAN機能、Bluetooth1.1、PIM機能などを備え、シリアル部にはUSB 2.0のインタフェースを持たせている。Bluetoothのプロファイルは以下の通り。

Generic Access Profile
Generic Object Exchange Profile
Object Push Profile
Serial Port Profile
Dial-Up Networking Profile
Hands-Free Profile、Headset Profile
Service Discovery Application Profile
Headset Profile

 iモードサービスには未対応となるが、POP/IMAPメールに対応し、複数のメールアドレスを利用可能。フルブラウザはOpera7.5が装備され、PC向けサイトを閲覧できる。なおパケット定額には未対応となる。

 ExcelやWord、PowerPoint、PDFなどの閲覧に対応するビューワも装備。電子メールの添付ファイルの閲覧にも対応する。

 W-CDMA/GSMのデュアルネットワーク対応端末で、海外にそのまま持ち出して使うこともできる。対応する周波数は、900/1800/1900MHzで、GPRSにも対応する。

機種名 M1000
サイズ(幅×高さ×厚み) 59.5×117×21.5ミリ
重さ 168グラム
連続通話時間(W-CDMA) 音声通話:約120分、テレビ電話:約80分
連続通話時間(GSM) 音声通話:約280分
待ち受け時間(W-CDMA) 静止時:約200時間、移動時:約110時間
連続待受時間(GSM) 約200時間
アウトカメラ 有効131万画素CMOS
インカメラ 有効31万画素CMOS
外部メモリ TransFlash
メインディスプレイ タッチパネル対応2.9インチ6万5536色透過反射型TFT液晶(208×320ピクセル)
無線LAN規格 IEEE802.11b
ボディカラー BlackSilver×DarkSilver

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.