ニュース
» 2005年05月27日 14時28分 UPDATE

「P901i」の“不具合修正ソフト”に不具合

店頭に持ち込まなくても端末不具合を修正できる「ソフトウェア更新機能」自体に不具合が発生。更新を行うと端末が使えなくなる。約65万台の「P901i」に影響があった。

[斎藤健二,ITmedia]

 NTTドコモは5月27日、「P901i」のソフトウェアに不具合が見つかったと発表した。対象となるのは、2005年4月以前に製造されたP901iで、約65万台。

 ドコモ端末は、ソフトウェアの不具合部分を通信によって書き換える「ソフトウェア更新」機能を備えているが(2003年9月19日の記事参照)、ここに不具合が発生した。ある特定の操作を行うと、ソフトウェアの更新時に失敗し、以後端末が使えなくなってしまう。

 本来、不具合を修正するためのソフトに不具合が生じたことで、当面はP901iではソフトウェア更新を行わない。故障取扱窓口に持ち込むことで修理を行う方針だ。

 6月中旬からは順次ユーザーに、ソフトウェア更新の詳細な手順を記したダイレクトメールを送付。6月下旬からソフトウェア更新による不具合対応を開始する。

 なお、ソフトウェア更新機能だけでなく、下記機能についても不具合が見つかっており、合わせて修正を行う。また公表しない部分でも、快適にP901iを利用するための更新を行うという。

  • チャットメール受信タイミングで終了キーを押した場合などに電源が切れたり再起動する
  • 着信時に終了キーを連打すると、着信履歴が表示されない場合がある
  • チャットメール着信音をiモーションに設定した場合、マナーモード設定にもかかわらずメール着信音が鳴る場合がある

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.