ニュース
» 2005年06月29日 14時16分 UPDATE

KDDI、WiMAXの実証実験開始。3Gを補完

WiMAXのモバイル版であるIEEE802.16eの実証実験をKDDIが開始する。都市部における第3世代携帯電話を補完する狙い。

[斎藤健二,ITmedia]

 KDDIは6月29日、ブロードバンド無線アクセス技術の1つIEEE802.16e(WiMAX)の実証実験を7月から開始すると発表した。今後、大阪地区中心部において、都市部における第3世代携帯電話システム(EV-DO)を補完する無線方式としての性能評価を行っていく。

 実験では2GHz帯を使った。802.16eは現在最終的な方式を策定中で、10月に標準化が終わる見込み。

 実験では、案として出ているOFDMA方式とOFDM方式の両方について試験を行った。空中線電力は、OFDMA方式で20ワット、OFDM方式で10ワット。移動局側では、OFDMA方式で0.5ワット、OFDM方式で0.2ワット。使用した周波数幅や、通信速度は明らかにしてない。

 802.16eは、移動体環境に適したWiMAXの一種(4月8日の記事参照)。時速120キロ以下の移動環境でも安定した通信が可能になる。

 鷹山がWiMAX(802.16-2004)方式でサービスを予定しているほか(2月10日の記事参照)、イー・アクセスや平成電電などもWiMAXの活用に向けて動いている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.