ニュース
» 2005年07月13日 14時28分 UPDATE

ワイヤレスジャパン2005「イー・アクセス携帯」のイメージモックが登場 (1/2)

イー・アクセスは「ワイヤレスジャパン2005会場」で、携帯端末のイメージモックを披露している。発売時期、価格ともに未定だが、そのコンセプトは面白い。

[杉浦正武,ITmedia]

 イー・アクセスは7月13日に開幕した「ワイヤレスジャパン2005会場」で、同社が参入を計画している携帯事業向け端末のイメージモックを披露した。ハイエンド端末からデータカード端末まで、4種類が展示されている。

 いずれも「発売時期、価格ともに未定」(説明員)という段階だが、コンセプトだけでも興味深いものになっている。写真を中心に見ていこう。

表と裏、2画面液晶のハイエンド端末

 まず目につくのが、表、裏両面液晶を搭載した折りたたみ型端末。折りたたみ方によってフルキーボードが現れたり、テンキーが現れたりする複雑なギミックを備えており、利用シーンに合わせて端末形状を変化させるイメージのようだ。

Photo 端末を閉じた状態で、液晶を引っ張りだしたところ。こうすると一見、ゲーム端末のようだ。左側の十字キーがゲームコントローラーの趣き
Photo 裏面に回ってみた。液晶の表と裏、両画面に情報を表示させている。このアイデアはイー・アクセスとして「特許出願中」という
Photo 端末を開いたところ。こうなると普通の折りたたみ端末のよう。テンキーを入力して電話するイメージだ
Photo ところが、上写真からもう一段階開く。フルキーボードが登場した。画面にはWebサイトが表示されている。フルブラウザ搭載のようだ
Photo フルキーボードは、tabキーやescキーも備えた本格的なものだ

 その隣には、ミュージックプレイヤー風の端末があった。小型だが通信機能を備えており、右側のパーツを回転させたり、押し込んだりすることで操作するイメージという。会場では見えなかったが、背面の突起をスライドさせるとUSBインタフェースが突き出てくる。これをPCに挿せば、PCと端末で音楽ファイル、アドレス帳などをシンクできるという。

Photo 音楽ファイルはサーバ上にアップ、保存することも可能とのこと
Photo 通話やメールも可能。写真をよく見ると、メール本文が表示されているのが分かる

 “デザイン重視”のモデルもあった。極めてフラットなデザインを実現しており、タッチパネルスクリーンを搭載している。

Photo
次ページ:デザイン重視端末やカード型端末も
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.