ニュース
» 2005年07月25日 13時24分 UPDATE

日本通信、3Gで定額制──ボーダフォン回線使う

ボーダフォンの3G回線を借り受け、PCからのデータ通信で定額制を提供。社内LANへアクセスできる「Secure PB」サービスと組み合わせて法人向けに提供する。

[斎藤健二,ITmedia]

 日本通信は、3G携帯電話とPCを接続してデータ通信が行える「Secure PB 3G ビジネス定額」サービスを開始する。ボーダフォンから3G回線を借り受け、社外からVPN経由で社内LANにアクセスする同社の「Secure PB」サービスと組み合わせる形で法人向けにサービスを提供する。

 通信料金は定額制。具体的な料金は、個別の契約内容によって異なるが、大口契約であれば1ユーザーあたり1万円以下となる見込み。

 これまで同社はウィルコムのPHS回線や各社の無線LAN回線を借り受けてサービスを行ってきた。その中に、下り最大384Kbpsの3G回線が追加されることになる。

 各社の3Gのデータ通信定額制は携帯電話からのメールやWeb閲覧に限られており、PCと接続してデータ通信を行った場合、定額対象外だった。日本通信では、「定額制通信をPHSで既に行っており、ユーザーのトラフィック量の想定などにノウハウがある」ことからサービスに踏み切る。日本通信とボーダフォンとの契約は、ウイルコムの場合と異なり一般的な法人契約がベース。定額制によるリスクは日本通信が負う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.