連載
» 2005年08月22日 21時28分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:あなたの携帯カメラを「望遠」にするレンズ (4/4)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       
ms_CA310015.jpg 通常のマクロモード

 W21CAのマクロモードで撮影した花であるが、これにクローズアップレンズを付けて撮ってみる。

ms_CA310014.jpg クローズアップレンズ付

 これだけ近寄ってでかく撮れるのだ。ここまで寄って撮れると楽しい。

 W21CAのようにAF付きのモデルだと、クローズアップレンズをつけてもAFが“よきに計らってくれる”ので楽だ。

 固定フォーカスの端末だと、画面を見ながらピントの合う範囲を見極めないといけない。でも画面を見ながらだいたいピントが合う距離で撮ってみると、なんとかなるもの。通常のマクロモードの半分以下の距離に近寄れると思っていい。

 F900iTの場合だと、

ms_F1010002.jpg 通常のマクロモード

 上のように写っていたものが

ms_F1010001.jpg クローズアップレンズ付き

 こうなる。これほど分かりやすい成果はないってくらい、近くで撮れるのである。普通のマクロモードでは無理な距離だ。

クオリティはともかく非常に面白い製品

 この製品群のポイントは2つある。1つは、クオリティ面ではやはり大きな期待はできないということ。今回の作例を比べただけでも、ワイコンやテレコンは微妙に歪んだり、流れたり、周辺が「ケラレたり」とそう素晴らしい出来ではない。ただ、もしクオリティを追求すると、このサイズではなかなか収まらなかっただろう。

 もう1つは、機動力が素晴らしいこと。マグネット式なので、面倒くさくないのがいい。あっ、と思ったらさっ、と取りだしてくっつけてやればいいのだ。

ms_CA310019.jpg 普通に撮るとこうだが
ms_CA310020.jpg さっとテレコンを貼り付けてやれば大きく撮れる

 こんなシチュエーションにも対応できるのである。

 クオリティと実用性で考えれば、一番お勧めはクローズアップレンズ。次は広い範囲が撮れて楽しいワイコン、3番目にデジタルズームとの併用という条件でテレコンという感じだろうか。

編集部からのお知らせ

 荻窪圭 氏による携帯カメラ機能のレビュー連載「ケータイカメラ画質研究ラボ」が、リ ニューアルしました。新連載では画質比較に止まらず、その携帯カメラが「どん な特徴を持っているか」「どう使うと楽しいか」を積極的に取り上げていきます。 引き続き、ご愛読いただけますようよろしくお願いします。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-