ニュース
» 2005年09月27日 15時04分 UPDATE

Java、Bluetoothも ウィルコム新型端末の狙い

これまで不足していた音声端末を、一挙4機種投入するウィルコム。機能を大幅にアップさせたが、あくまで狙いは“多機能派”ではない。併せて、データ通信を最大3800円で定額とするオプションプラン「データ定額」も発表した。

[斎藤健二,ITmedia]
will1.jpg

 音声定額の大ヒット以来、順調にビジネスを進めるウィルコム。しかし、音声端末のラインアップの薄さがネックとなっていた。

 「ビジネスは極めて順調で、半年で40万人のユーザーが新たに加入してくれている。しかし不満点の大きな1つに、品揃えの薄さが挙げられていた」と、同社八剱洋一郎社長は話す。今回発表した4機種は、機種バリエーションを補うとともに、従来のウィルコム端末に比べて大幅に機能を強化した。外部メモリカードやJava、130万画素カメラ、4xパケット通信(128kbps)対応などなど。機能的には、1年前のハイエンド携帯電話にほぼ達したといっていい。

 しかし、新端末では携帯電話と機能競争をやろうとしているわけではない。そのポイントはどこにあるのか。

will2.jpg

“多機能派”以外を狙う

 八剱氏は、「21%と48%」というパーセンテージを「開発の根幹になった数字」として挙げた。これは同社同時調査の結果出てきたもので、ユーザーが現在使っている携帯電話の機能別の比率を表したものだ。

名称 機能 比率
通話メイン派 通話 21%
通信機能重視派 カメラ、インターネット、メール、通話 48%
多機能希求派 FeliCa、音楽、ムービー、高機能カメラ、インターネット、メール、通話…… 31%

 「この中でウィルコムが狙うのは、真ん中と左側。通話メイン派と通信機能重視派にフォーカスして、最高級の音声品質、低電磁波、定額の安心感を訴えたい。(別の調査でも)音声品質がよく、シンプルでかっこいい。そんな端末が多くの方から望まれていることが分かった」(八剱氏)。今回の新端末は、300シリーズと310シリーズ。300シリーズが「通話メイン層」に向けたもの、310シリーズが「通信機能重視派」向けとなる。

※音声品質がよくシンプルでかっこいい携帯電話:57.2%、最先端機能満載の携帯電話:29.9% (ウィルコム調査「ほしい携帯電話は?」より

 こうした数字を元に、「コミュニケーションの基本機能で、“新しい贅沢”を与える商品とサービス体系を提供する」(八剱氏)のが、ウィルコムの狙いだ。もっとも端末が高機能化した分、小売価格もそれなりの値段となる。「ハイエンドの310シリーズは2万から3万円の間だろう。300シリーズは1万円前後だと想定している」(八剱氏)

 機能面では、フルブラウザ(OperaまたはNetFront)、リモートロック、USBによるPC接続、POP3/SMTPメール、QVGA液晶が共通機能とされた。さらに、300シリーズは通信機能を1x(32kbps)とし、カメラも35万画素に抑えている。310シリーズは4x(128kbps)のパケット通信を利用できるほか、miniSDスロット、PCドキュメント閲覧機能の搭載が共通。さらに指紋認証やカメラ機能など付加機能を乗せた。

will3.jpg
端末名 発売日 通信方式 カメラ フルブラウザ Java 独自機能
WX310K 11月下旬 4x 130万画素 Opera Bluetooth
WX310SA 11月下旬 4x 130万画素 NetFront MIDP2.0 ICレコーダー
WX310J 2006年1月中旬 4x NetFront MIDP2.0 指紋認証
WX300K 11月中旬 1x 35万画素 Opera

4x対応音声端末にデータ通信定額プラン

 128kbpsパケット通信の4xに310シリーズが対応したことで、通信プランも見直しが入った。音声定額の「ウィルコム定額プラン」に、データ通信関係のオプションを組み合わせる形を用意する。「一般的に携帯では、料金プランを選択する際に、次の6通りの用途に答えないとプランが決まらない。2つの選択で安心のコミュニケーションを」と八剱社長は、ウィルコムの料金プランがシンプルであることを強調した。

 新設するのは、4xパケット通信に対応した定額制のデータ通信プラン「データ定額」だ。1050円で10万パケットまで無料、その後、0.0105円/パケットの従量制となり、36万パケットで、上限3800円のキャップがかかる。KDDIやボーダフォンが提供しているオプションと同様の仕組みだ。また、携帯とPCをUSBで接続して通信を行った場合でも、6300円が上限となる。

will4.jpg

 ウィルコムは音声端末の料金プランを基本的に定額プランに誘導していく方針。今回のデータ定額の導入により、ユーザーの料金パターンは大きく下記4パターンに分かれる。

プラン名 料金 データ通信料金 対応通信方式
ウィルコム定額プラン 2900円 0.021円/パケット 1x/4x
ウィルコム定額プラン+リアルインターネット+ 5000円 定額 1x
ウィルコム定額プラン+データ定額 3950〜6700円 定額 1x/4x
ウィルコム定額プラン+データ定額(PC) 3950〜9200円 定額(PC含む) 1x/4x
データ通信料金はインターネット接続。Eメール送受信料は定額プランに含まれる。「データ定額」はPCからの通信を行った場合、上限が6300円に上昇する。プラン自体は同一

 プランのシンプルさと、料金の安さを八剱氏は強くアピールする。「(ウィルコムには)4Xのユーザーが現在約17万人いる。このユーザーの平均利用パケット数は421万パケットだ。携帯をPCにつないで、ふんだんに通信を行った場合、通常の携帯電話契約で使うと、18万円から30万円強と高くなるが、ウィルコムなら9200円で頭打ち」

 音声定額の導入後、毎月6万人前後の純増を続けてきたウィルコム。すでに336万契約を超えており、目標とする400万契約も見えてきた。「今月もかなり順調にユーザーを獲得している。400万加入に向けてはいいペース。しかしいかんせん、商品の品揃えが少なかった。このままいけば400万人加入は難しいと思っていたが、(新機種投入で)400万を超えるかもしれない」と、八剱氏は期待を示した。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.