ニュース
» 2005年09月29日 18時47分 UPDATE

崩壊する? ゲーム市場の希望は携帯ゲーム〜ナムコ (2/2)

[杉浦正武,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 いま、携帯アプリで新作を作るといえば、開発費もかかるし作業量も増えた。開発すれば終わりではなく、ネットワーク機能を利用するとなれば運営も行わなければならない。このため、事業者に求められるスキルも増えたという。

 郷田氏は、この路線は仕方のないところだと話す。ユーザーがミニアプリに飽きたらないという背景のほかに、より高機能アプリを開発できる土壌も整備されている。外部メモリがゲームアプリ向けに開放されるという噂もある。「こうして(外部メモリまで動員して)大容量アプリを作っていくのは、流れだろうなと」。ナムコとして、将来を見通して初期段階からノウハウをためていく必要があると判断したという。

ゲーム業界の既存モデルは「崩壊する」?

ms_gamen1.jpg

 郷田氏は、ゲーム業界は携帯アプリへの取り組みを含め、新しい戦略をとらなければ生き残れないところまできていると警鐘を鳴らす。例えば従来のようにゲームソフトを開発して、それをゲームショップで販売するというモデルは「崩壊している」と話す。

 崩壊、とは過激な言葉ではないか……との問いに、郷田氏は苦笑しながら「崩壊といってもいいと思う。街中で見ても、ゲームショップの数はどんどん減っている」

 前述のようにゲーム業界は開発費がかさむこともあり、そこに関わる事業者のコスト意識もシビアになってきた。「例えばゲームソフトを売るにしても、10本仕入れて、9本を売ったとする。しかし残りの1本が売れなければ利益がゼロになってしまう、そんな状態だ。流通サイドは、売ろうと思って値引きをしたら赤字になるほど。これでは、量販店しか生き残れない」

 ゲーム業界ではいま、パラダイムシフトが起きているというのが郷田氏の持論だ。ゲームソフトを販売するにしても、いずれは「無媒体配信」、つまりダウンロード配信の世界にいくのではないかという。「携帯アプリがなぜ強いかといえば、ダウンロード配信のため在庫を持たなくていいということ。その強みが浸透したら、ゲーム業界は無媒体配信に進むのではないか」

ms_gamen2.jpg

 郷田氏の分析では、現状はアナログな従来のビジネスモデルとデジタルな未来型ビジネスモデルの端境期だという。「世代としてドラスティックに変わるかな? と思って見ているが、まだ分からない。音楽配信の世界でiTunesがヒットしているのを見ると、そろそろ変化が起きるのかとも思うが……」

 郷田氏は、携帯ゲームの未来を無条件に楽観視しているわけではない。確かに、モバイル市場にしても飽和している印象はあると認める。「コストがかかるようになってしまったし、端末全体の台数も伸びていない。ただ、次の展開はあると思う。それはPCの世界と同じで、高速ブロードバンドと定額料金だ」。PCインターネットはADSLの普及とともに、映像コンテンツを扱えるようになるなど「1段階フェーズが上がった」。これと同じように、モバイルもこの先もう一段階フェーズが上がると郷田氏はにらむ。

 「その中で、淘汰される事業者も出てくると思う。パイの奪い合いが起こる。ただし――最後に強いのは、優良なコンテンツを持っているところだ」。郷田氏はそこまで話すと、自信ありげな表情を見せた。

(C)2005 NAMCO LTD. キャラクターデザイン/イラストレーション:椎名優


前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.