連載
» 2005年11月30日 15時07分 UPDATE

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:130万画素にレベルアップ、ただし青空が苦手〜WX310K (1/2)

初代京ぽんこと「AH-K3001V」よりも、大幅に画素数を向上させた「WX310K」。写りはどう変わっているのだろう。

[荻窪圭,ITmedia]
ms_5131.jpg
前モデルより少し大きくなったが精悍になったフォルム。カメラは中央にライトと並んで配置されている

 ウィルコムのハイエンドといえば、やはり京セラ製端末だ。「AH-K3001V」はユーザーから“京ぽん”との愛称で親しまれたが、最近になって“京ぽん2”とも呼ばれる端末が登場した。「WX310K」がそれだ。

 人気だった前モデルから、いろいろ改善されているようだが、本連載で取り上げるのは当然ながらカメラ機能だ。AH-K3001Vは11万画素のCMOSで、なおかつ発色やダイナミックレンジなど写りもイマイチだった。しかし今回登場したWX310Kは、カメラスペックだけで見ても130万画素。さてどう変わったのか。

ms_5134.jpg ディスプレイはQVGAだがクオリティは並。カメラキーはないのでメニューからカメラを起動する
ms_5139.jpg ヒンジ部分にminiSDカードスロットがある

青空が紫色に

 「WX310SA」との比較記事でも触れたが(11月28日の記事参照)、WX310Kは青空があり、コントラストが強い構図は苦手なようだ。一番極端な例では、ここまで空が紫色になってしまう。

ms_310005.jpg

 ほとんど特撮の写真だ。青が飽和してしまった上に、赤が強めに乗るのでこんな色になっちゃっているのだ。残念なことである。

 上写真のように、条件によってはそうひどくはならないのだが、それでもまだちょっと特撮っぽい写り。

 ただし、空が入らない作例ではそんなことはない。マクロの作例を見てみよう。

Photo

 ハイコントラストでそれほどきれいな写りではないが(初期の低価格CMOSカメラのよう)、それでも結構ちゃんと写る。

 逆に室内のような暗いところだと、かなりノイズが浮く。

マクロ 通常

 前モデルからそれほど画質が変わっていないのは残念だ。ナイトモードを使うとちょっとよくなる。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.