ウィルコムハイエンド、「WX310K」「WX310SA」同時レビュー荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ

» 2005年11月28日 20時17分 公開
[荻窪圭,ITmedia]

 最近、元気な移動体通信キャリアといえばウィルコム。Operaを搭載した“京ぽん”こと「AH-K3001V」で一気にユーザーからの評価を上げたが、2005年の秋からはさらに連続してハイエンド新端末を投入してきた(11月11日の記事参照)

 中でも注目を集めているのが、130万画素のCMOSを搭載した「WX310K」と「WX310SA」のハイエンド2機種だ。スペック上は同じだが、写りがどのように異なるのか気になるところ。せっかくなので、2機種を同時に撮り比べてみた。

左がWX310K、右がWX310SA。大きさやカメラの位置は一緒だが、写りや機能は後述のとおり、かなり違う

 では恒例の、象のすべり台から。

WX310K WX310SA

 見た目もサイズも似た端末だけに、同じような性能か……と思いきや、意外に差が出てしまった。京ぽん2の方は“前代京ぽんをそのまま高画素化したような画質”といってよく、高輝度部が紫色に転んでしまってる。

 今回、ちょっと「江戸東京たてもの園」まで遠出したので「子宝湯」の写真でも、と思ったら、空の色がすごい。

WX310K WX310SA

 WX310SAの方は、彩度が高めのCMOSセンサーの絵という感じでちょっとメリハリはないものの、鮮やかな色を出してくれた。しかし京セラの方は空が紫色だ。

 では別のカットも。あずまや。

WX310K WX310SA

 WX310SAの方は青空もトバずにきれいに出てるし、発色も結構豊か。残念ながら松のディテールは出てないし、四隅の画質低下や流れは大きいが、130万画素の単焦点ならこんな感じだろう。WX310Kの画像は空が完全にトんでいる上に、ちょっと色のバランスがよくない。前回の京ぽんも似た傾向があったのだが、それがそのまま継承されている気がする。

 さらに白い壁と青空の写真を。

WX310K WX310SA

 こんな風になる。続いてマクロの作例を。

WX310K WX310SA

 WX310Kは横位置での撮影、WX310SAは縦位置での撮影という違いはあるが、ポイントは撮影距離。WX310SAの方が近く、そのためWX310Kと同じような感覚で撮るとぼけてしまうのだ。距離的に扱いやすいのはWX310Kの方か。

 ITmediaでは追って、WX310KとWX310SAのカメラ性能を個別にチェックしたレビューも掲載する予定。そちらも参考にしてほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月22日 更新
  1. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. IIJmioで“長期利用特典”を提供 「スマホ割引」「家族割引」「データ追加」を重視した狙い (2024年06月20日)
  4. スマホ充電レンタル、便利なのに大半の人が知らないワケ 「ChargeSPOT」の認知度向上に必要なこと (2024年06月21日)
  5. 楽天モバイル、約4.4万円で「OPPO Reno11 A」発売 1万2000ポイント還元も (2024年06月20日)
  6. スマホをゲーム機に変えるコントローラー「Backbone One」を日本で本格展開する理由 (2024年06月20日)
  7. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  8. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. アンカー、USB Type-Cケーブル一体型の急速充電器+モバイルバッテリーに容量1万mAhモデルを追加 (2024年06月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー