連載
» 2005年08月30日 23時25分 公開

300万画素ケータイ「W31CA」の威力を試してみた荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(1/4 ページ)

W21CAのカメラが高画質なことからも分かるように、カシオ計算機製のカメラは期待できる。300万画素カメラを搭載したW31CAは、はたして?

[荻窪圭,ITmedia]

 いきなりだが、今筆者が愛用してるのはカシオ計算機の200万画素ケータイ「W21CA」だ。なぜこれかというと話は簡単で、撮れる絵がきれいだから。

 画素数の問題ではなくて、色がきれいだとか、破綻しないとか、ダイナミックレンジが広いとか、不自然じゃないとか、室内でも屋外でもそれなりに頑張ってくれるとか、そういう点で優れているのだ(レビュー記事参照)。予想以上によく撮れるので重宝している。

 カシオ製端末のカメラ機能は、確実にベスト4に入る。そのカシオから320万画素の「W31CA」が出たというのだから試してみなければなるまい。

ディスプレイ部をひっくり返して、デジカメ的に使うことが可能。シャッターボタンは大きくて少し膨らんでいるので、手探りですぐ分かる
Photo miniSDはここ

W31CAのワイド液晶は縦位置撮影が楽しい

 実際、きれいなのである。W21CAやW31CAの画質がいい一番の理由は、大きなCCDを使っているから。1/1.8型のCCDなんて、デジカメとしてもかなりハイエンドの部類だ。これはかなり大きなアドバンテージ。

 CCDが大きいとダイナミックレンジも広くなるし、色にも階調にも感度にも余裕が出てくるのでより広い範囲に対応できる。

 具体例を示そう。いつもの象のすべり台である。

W31CA
W21CA

 W21CAもかなりきれいに出ているけれども、W31CAはそのさらに上を行く出来。小さなCCDやCMOSセンサーを使っている端末だと、だいたいこのカットで背景の空が真っ白になるのだが、W21CAもW31CAもしっかり青が残っているし、黄色も白飛びしないで色を残している。これはさすが。

 よく見ると、W21CAよりW31CAのほうがちょっと広角気味だ。レンズが違うのだろう。これはちょっと楽しい。どちらが好きかはいろいろあるだろうが、個人的には多少広角気味のほうが楽しめる。ワイド液晶に加え、2048×1232ピクセルの「ワイドモードの画像サイズ」を備えているW31CAならなおさらだ。広角の方が、よりワイド感を味わえる。

横から見ると非常にカメラっぽい底面。レンズの横に小さなLEDライトがある
PCモード時の撮影サイズ。最高画像サイズ時のみワイドを選ぶことが可能だ

 特に最近楽しいのが、縦位置ワイド。

 W31CAの撮影モードは「ケータイモード」と「PCモード」に分かれており、ケータイモードでは240×400ピクセル、PCモードでは前述のとおりワイドモードが用意されている。本当はVGAクラスのワイドモードも欲しいのだが、そこまでぜいたくはいうまい。

 ケータイモードは壁紙用なので縦位置、PCモードはデジカメに合わせて横位置での撮影になるのだが、いろいろ撮ってみると「ワイドの縦位置」はけっこう新鮮で面白い。横位置で撮るには端末を横に向けて側面のシャッターボタンを押したり、あるいはディスプレイをひっくり返してデジカメ風に撮る必要があるのだが、なんだかんだいってパコッと開いて縦位置のままサクッと撮るほうが気軽でいいと思う。それに、ワイド縦位置だといろいろ構図で遊べる。

縦位置だとこんな感じ。各キーに機能が割り当てられている(0を押すとガイド表示される)のでこの状態で撮るのがけっこう便利

 そんなわけで、今度は縦位置作例である。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう