ニュース
» 2006年02月02日 14時53分 UPDATE

KDDI、4月上旬から「EZ安心アクセスサービス」を開始

KDDIは、従来より緩和された青少年向けの新たなアクセス制限サービスを提供する。

[園部修,ITmedia]

 KDDIは、4月上旬から「EZ安心アクセスサービス」を無料で提供する。このサービスを利用すると、EZweb公式サイト内の青少年向けコンテンツへのアクセスのみが可能になり、その他の一般サイトへのアクセスは一切できなくなる。

 同社では2003年11月4日から、メールフィルターやパスワード等を設定するサイトと、サービス案内、企業情報等のサイト以外を閲覧できなくする「EZweb利用制限」を提供している(2003年10月27日の記事参照)。出会い系サイトやアダルトサイトなどへのアクセスを防ぐ目的で導入されたサービスだが、利用可能なサービスがほとんどなくなってしまうという問題があった。

 今回導入される「EZ安心アクセスサービス」では、KDDIが青少年向けとして認定した1000程度のコンテンツが利用可能だ。青少年向けとして認定されていないサイトについては「メニューに表示されなくなる」(広報部)。なお、PCサイトビューアーからのアクセスは一律制限され、PCサイトビューアーメニューは表示されるものの、そこから先へはアクセスが制限されている旨のメッセージが表示されて進めなくなるという。

 申し込みはauお客様センターに電話するか、auショップ店頭、auホームページ(My KDDIページ)、EZweb(「料金・申込・インフォ」→「各種申込」)で行える。契約者が18歳未満の場合は親権者からの申し込みも可能で、18歳未満の契約者がサービス解除をする場合は親権者の同意書が必要になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.