連載
» 2006年02月03日 22時18分 UPDATE

長期ロードテスト「D902i」No.5: 「うっかり誤変換」に困っているのは私だけ?

大きな液晶に丸い十字キーという、D902iの表面デザインが大好き。しかしその十字キーを頻繁に押し間違えるため、メールを書いていると困ることが……。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 大画面が魅力の1つであるD902i。ボディにめいっぱい大きな液晶を積んだ結果、しわ寄せを受けているのが十字キーとクリアキーだと思っています。

 この十字キー、デザインはいいんですがちょっと押しにくいんですよね。特に、液晶のふちと接する上キー、クリアキーと隣接している下キーが押しにくい。これが文字変換のときに、ちょっとした悪さをすることがありまして……。

ひらがなで入力したつもりだったのに

 D902iは日本語入力システムとしてATOK+APOTを積んでいるのですが、D独自のユーザーインタフェースを組み合わせています。そのため、同じATOK+APOT端末といっても、例えばauのカシオ&日立端末などとは少々動きが違います。

 Dならではといえるのが、入力した後に十字キーの上を押すと、変換候補の一番最後が表示されるところ。変換候補の最後の部分には全角カタカナ/半角カタカナ/アルファベット/数字の候補が表示されます。また、数字の変換候補には「時」「分」が付けられたものも表示されるので、待ち合わせメールなどを書いているとき、素早く「何時何分」と入力できてとても便利。重宝している機能の1つです。

ay_d01.jpg 例えば「あか」と入力して上キーを押すと、.A/.a/12/12月/12日/12時/12分という候補に素早く移動できる

 普通に変換するときは下キー、ひらがなのまま確定したい場合は中央の決定キーを押すことになります。

 問題が起きるのは、この「ひらがなのまま確定したい場合」。私のキーの押し方が悪いのでしょうが、真ん中を押したつもりが、うっかり上キーを押していることが多いのです。で、勢い余って間違って確定してしまう。「よしおか」と入力したはずが「ve-a」とか、訳の分からない入力になってしまうのです。

 D902iには強力な学習機能が搭載されているため、間違った「ve-a」は、次に変換したときに変換候補の先頭に出てきます。これが積み重なると、変換候補の先頭に、半角カナやら訳のわからないアルファベットやらが重なって大変見づらいことに……。

 こうなってしまったら、いったん学習結果をクリアすることをオススメします。[セッティング]−[情報表示/リセット]−[各種設定リセット]で、「予測辞書データ」以外のチェックをすべて外します。リセットボタンを押すと、学習された誤変換がすべて消えます。

 こうすることで元の状態に戻り、快適に使えるようになるはずです。もちろん、正しい変換も消えてしまうわけですが、「うっかり誤変換」してしまっている人はお試し下さい。

ay_d02.jpg 各種設定リセットの項目では、予測辞書データだけでなく「基本設定」「メール設定」「iモード設定」「iアプリ設定」「ロック機能」「ユーザ辞書データ」の初期化も行えます。チェックを外すのを忘れると、ほかのものまでリセットされてしまうのでご注意を
前 長期ロードテスト「D902i」 次
長期ロードテストとは

 ITmedia記者が、普段使いの携帯電話の模様をレポートする長期連載記事です。1人のユーザーとして、端末やコンテンツをレポートします。この端末の「○○を調べてほしい」「この点をメーカーに聞いてほしい」といった要望を、ぜひお寄せください。ロードテストの中で、できる限り調査し回答していきます。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.