ニュース
» 2006年03月08日 15時02分 UPDATE

ACCESS、「ACCESS Linux Platform」のスクリーンショット公開

ACCESSは、同社が開発中の携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」のスクリーンショットを公開した。機能の一端をかいま見られる。

[後藤祥子,ITmedia]

 ACCESSは、同社が開発中の携帯電話向けアプリケーションプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」(ALP)(2月15日の記事参照)のスクリーンショットを公開した。「画面はデモ段階のもの」(ACCESS)であり開発途上の画面となるが、独自開発のアプリケーションフレームワーク「MAX」のUIやALP上でPalm OSのユーザーインタフェースが展開される様子など、ALPの機能の一端をかいま見られる。

Photo PalmデバイスでおなじみのUIがACCESS Linux Platform上で展開される様子。ALPではエミュレータでPalm用アプリを動かすこともでき、右はALP上で動くPalm用ゲームの「BEJEWELED」


Photo ACCESSが独自開発するアプリケーションフレームワーク「MAX」の音楽機能(左)とアドレス帳(中)のUI。画面の下に表示されているのは起動中のアプリケーション。3GSMのデモでは、「マルチタスクに対応し、ソフトをすばやく切り替えられる」(説明員)ことをアピールしていた。右はGTKアプリのマインスイーパーが動く様子

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.