インタビュー
» 2006年04月03日 20時49分 UPDATE

サイクロイド型ワンセグ携帯、「905SH」の中をのぞく

液晶部を90度傾けると、横長画面に早変わりする──。そんなサイクロイド型機構を日本で初めて採用したのが「905SH」だ。クリアモックで回転機構の中身をのぞいてみると……。

[後藤祥子,ITmedia]

 シャープが“ワンセグを見るための形”として採用したサイクロイド型ボディの携帯が、ボーダフォンの「905SH」(3月15日の記事参照)。3キャリアのワンセグ携帯の中では最後発となるが、その分、電池の持ち時間が伸び、軽量化が図られている。

sa_vs20.jpg
  • ワンセグ対応携帯のスペック比較
端末名 メーカー テレビ対応 サイズ 重さ ワンセグ連続視聴時間
905SH(ボーダフォン) シャープ ワンセグ/アナログ 約49×105×27ミリ 約143グラム 約4時間(イヤホン利用時、暫定値)
P901iTV(ドコモ) パナソニック モバイル ワンセグ/アナログ 約51×110×27ミリ 約150グラム 約3時間
W41H(au) 日立製作所 ワンセグ 約53×106×27ミリ 約159グラム 約3時間45分
W33SA(au) 三洋電機 ワンセグ/アナログ 約50×105×27ミリ 約150グラム 約2時間45分

サイクロイド型携帯の中をのぞいてみると

 ワンセグ携帯の中で最軽量モデルとなる905SHの大きな特徴といえば、やはりサイクロイド型機構。液晶部を90度回転させると横長画面に早変わりするもので、折りたたみ型携帯で慣れた操作のまま横長画面によるテレビ視聴が可能だ。

Photo
Photo
Photo

Photo

 サイクロイド型携帯の中をのぞくと、2つの軌道があるのが分かる。1つはディスプレイの回転を誘導する軌道で、もう1つはディスプレイ部と本体をつなぐ細線同軸ケーブルの移動をサポートする軌道だ。

 ディスプレイの回転と同時に動くパーツ部分には、くの字形のバネが搭載されており、ディスプレイを途中まで回転させると、あとはバネの慣性の力で横位置まで回転する仕組み。このバネ部分は、ディスプレイを回転させたときに手に伝わる感触を重視してチューニングするなど、こだわったところだという。

Photo 軌道上を動く丸いパーツ部分にくの字形のバネが仕込まれている
PhotoPhotoPhoto 2本の細線同軸ケーブルは背面から右側面、ヒンジ部を通って本体につながっている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう