ニュース
» 2006年03月16日 02時27分 公開

ケータイ国際フォーラム:早速展示されていた「905SH」――HSDPA携帯も、会場フォトリポート

「第5回 ケータイ国際フォーラム」展示会場では、通信キャリアや携帯メーカーが展示を行っている。各ブースの様子をフォトリポートでまとめる。

[杉浦正武,ITmedia]

 京都府総合見本市会館「パルスプラザ」で、3月15日から16日まで「第5回 ケータイ国際フォーラム」が開催されている。会場にはNTTドコモやKDDIといった通信キャリア、およびシャープや京セラといった関西の端末メーカーがブースを構えている。各ブースの様子をフォトリポートでまとめる。

早速お目見え、ワンセグ端末「905SH」

 シャープのブースには、3月15日に発表された「905SH」が展示されている。ガラスケースに収まった状態で触ることはできないが、特徴的な“サイクロイド型”の機構(2月28日の記事参照)を確認できる。

Photo

 ホイップアンテナが見えるが、これはワンセグとアナログ放送を受信するための兼用アンテナ。アナログ放送チューナーを利用して、FMラジオを聴くこともできる。ワンセグ放送は「TV」キーから一発起動が可能で、このキーはアナログ放送の起動に割り当てることもできる。

なお「携帯としての契約を解除するとワンセグは視聴不可能になる」(説明員)という。

 ドコモブースには、HSDPAケータイの試作機が展示されていた(2月8日の記事参照)。「N902i」の筐体にHSDPAのモジュールを内蔵しており、iモーションコンテンツを再生するデモを行っている。

Photo 背面には「HSDPA」の文字が見える

 カラーリングこそ実際のN902iと異なるホワイトを採用しているものの、サイズは事前の案内どおりN902iの実機と全く同じ。実際に手にとってみると、重さも実機と変わらない。ドコモのHSDPAケータイが国内で一般向けに広く公開されるのは、これが初めて。

 パルスプラザのすぐ隣に本社ビルを構える京セラは、中国市場向けのCDMA端末「KZ-E688」や北南米・オセアニア市場向けの端末を複数展示していた。

Photo (左)ゴムの素材感が印象的なCDMA端末「KX12」(右)ミュージックプレイヤーを搭載し、MP3、AAC、MP4、3GP、3G2、M4A、WMAなどのフォーマットをサポートする「SLIDER REMIX」
Photo 北南米・オセアニア向けの「Strobe」は、横開き型のフルキーボード搭載端末。サイズは108×52×24ミリ、重さ約115グラム

 またKDDIブースでは「B01K」「E02SA」の展示を、イー・アクセスのブースでは「イー・モバイル」端末のモックアップ(2005年12月13日の記事参照)をそれぞれ見ることができる。

Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう