ニュース
» 2006年05月12日 03時04分 UPDATE

写真で解説する「F902iS」 (1/2)

使い勝手を重視し、“閉じたままで操作”にこだわったF902iS。指紋認証もミュージックプレーヤーも、閉じたままで操作できる。またWMAに対応、PCでダウンロード購入した音楽を楽しめる。

[吉岡綾乃,ITmedia]

 富士通製の「F902iS」は、指紋認証機能と音楽再生機能を重点に強化した機種だ(5月11日の記事参照)。指紋認証と音楽再生のいずれも、端末を閉じたままで操作できるようになっている。

 折りたたみ型の端末で、ボディカラーは4色。カメラ部分は少々盛り上がっているが、厚さ19.7ミリという数字以上に薄く感じるデザインだ(F902iの厚さは25ミリ)。重さ120グラムは同時に発表された他機種と大差ないが、実際に手に持つと見た目より軽く感じる。

サイドキー+ラウンドイルミネーションパネルで「閉じたまま操作」

 端末背面の「ラウンドイルミネーションパネル」がデザインのポイントとなっており、端末開閉時や音楽再生時、メールや電話の着信時などにラウンド型に光る。光り方をユーザーがカスタマイズすることもできる。

 端末が閉じた状態で本体右側面のボタンを押すと、ミュージックプレーヤーが立ち上がるほか、ICカードロック、マナーモード設定、iモード問い合わせ(メール受信)もこのボタンから行える。あとはサブディスプレイを見たり、ラウンドイルミネーションパネルを押して選択・実行する。

ay_f_01.jpg
ay_f_02.jpg ボディカラーはルシードブラック、ブルーマイカ、ゴールドフロスト、イノセントホワイトの4色
photo 本体右側面。音符マークがついたボタンは、ミュージックプレーヤーの起動ボタン
photo 反対側面には、平型ヘッドフォン端子とプッシュトークボタンが付いている。なお一般のオーディオ用ヘッドフォンをつなげるように、F902iSには平型=ステレオミニプラグの変換アダプタが付属する
photo ラウンドイルミネーションパネルはタッチセンサーになっており、音楽の再生/停止/早送り/早戻し/音量調節などを閉じたままで行える
photo 端末が閉じた状態でサイドキーを押すと、ラウンドイルミネーションパネルが光り、ミュージックプレーヤーが立ち上がる

WMAに対応、PC用サイトでダウンロードした楽曲も聴ける

photo F902iSでプレイリストを表示したところ

 F902iSの大きなポイントは、今回発表となった10機種中唯一、Windows Media Audio(WMA)に対応している点だ(5月11日の記事参照)。Windows PCにプリインストールされているWindows Media Player 10を使って、音楽の管理や転送が簡単に行える。着うたフルには対応していないが、PC用サイトで購入した楽曲をF902iSで聴けるのは魅力的。また、Windows Media Playerで作ったプレイリストをそのままF902iSに持ってくることができるのも便利だ。「推奨ビットレートは128bpsのWMAファイル」(説明員)とのことだ。

 なお従来通り、iTunesでエンコードしたノンセキュアAACを聴くこともできる。ただしAACや着うたと、WMAはデータを保存する場所が異なり、混在はできない。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.