速報
» 2006年05月15日 17時28分 UPDATE

Palm、EVDO対応Palm OS版Treoをリリース

Palm OSベーススマートフォンとして初めて高速ネットワークのEVDOに対応した「Treo 700p」が発表された。価格と出荷時期は、SprintとVerizon Wirelessから後日発表される予定。

[ITmedia]

 米Palmは5月15日、高速ネットワークのEVDOに対応した初のPalm OSベーススマートフォン「Treo 700p」を発表した。

yu_700p.jpg

 Treo 700pはCDMAのEVDOネットワーキングに対応。価格と出荷時期は、SprintとVerizon Wirelessから後日発表される予定だ。

 「最新の高速ネットワーク技術に対応したPalm OSベースの製品をリリースすることは、Palm OSの顧客にとって朗報となるだろう。当社は引き続き、ソリューションを複数プラットフォームにフォーカスしていくつもりだ」とPalmの社長兼CEOであるエド・コリガン氏は述べている。

 Treo 700pのハードウェアはWindows MobileベースのTreo 700wを踏襲している。内蔵カメラは130万画素。メモリは128Mバイトでユーザー利用可能領域は60Mバイト。SDメモリにより2Gバイトが追加可能。

 EVDOで高速化されたネットワークを使い、Treo 700pはPalmとして初めてストリーミングアプリケーションを内蔵している。また、Treoとしては初めてダイヤルアップネットワーク(DUN)機能を内蔵し、USBまたはBluetooth経由でPCのネットワークアクセスに利用できる。

 音楽機能としては、NormSoft製のPocket Tunesを搭載。Pocket Tunes Deluxeにアップグレードすることにより、Microsoftの音楽DRMであるPlaysForSure/Janus対応楽曲を再生できるようになる。WebブラウザにはBlazerを採用。Palm OSのバージョンは5.4.9。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.