ニュース
» 2006年05月19日 23時47分 UPDATE

夏モデルの“ここ”が知りたい「SO902iWP+」編(2):イヤフォンをつけたら防水機能はどうなる?──「SO902iWP+」

デザインにも強く打ち出された防水性を持つ「SO902iWP+」。NTTドコモの端末ラインアップに久しぶりに登場した防水ケータイは、質問の数からも関心の高さがうかがえる。

[青山祐介,ITmedia]

質問:イヤフォンをつけた状態でも防水になるか?

 防水モデルということもあり、雨の中で利用したりするケースも考えられるが、残念ながら端末にイヤフォンやイヤフォンマイクなどを付けた状態では防水にはならない。イヤフォン端子のカバーを開けて使用する必要があり、ここから浸水してしまうからだ。

 せっかくの防水モデルなのだから、こういうところでも防水性能がほしいところ。しかしイヤフォン端子まで防水仕様にすると、かなりコストがかかってしまうため、なかなか難しいようだ。

Photo イヤフォン端子のカバーにパッキングが用意されており、ここを閉じておかないと内部に浸水してしまう。イヤフォンをつけた状態では防水にはならない

質問:「WP」と「S」は違うシリーズか?

 例えば「D902iS」のように、末尾に「i」や「iS」が付くモデルは、ラインアップの中核を成す主力端末だ。「i」はiモードに対応していることを表し、基本的にはほぼ全機種に付いている。「S」は、その前に出たxxxiシリーズのモデル(この例では「D902i」)の後継機という位置づけで、「Second Edition」という意味もある。

 一方、「SO902iWP+」の末尾の「WP」は「Water Proof」の略で、端末の機能そのものを表している。例えば「P901iTV」の“テレビ”や「N701iECO」の“エコロジー”といった機種と同様、シリーズを表すものではなく、企画端末に個別につけられた型番だ。

Photo 中央が「SO902i」のモックアップで、左右に並んでいるのがSO902iWP+。SO902iは902iシリーズの主力端末で、SO902iWP+は902iベースの企画端末だ

質問:画像の記録と展開にはどのくらい時間がかかるか?

 携帯で写真を撮るユーザーの中には、保存やサムネイル表示に時間がかかる点に不満を持っている人も多い。SO902iWP+は、ドコモによれば水中での撮影はできないということだが(5月16日の記事参照)、カメラ機能のレスポンスについての質問も多かった。

 そこで写真を撮影した後、「保存」を押してから保存作業が終わるまでの時間を、実際に評価機を使って計測してみた。「sQCIF(128×96)」の「STD」モードでは、写真の保存に約4秒かかり、その画像を展開するのに約1秒を要した。「1.2M(1280×960)」の「STD」モードで撮影した写真は、保存に約10秒、展開に約4秒弱かかった。

Photo SO902iWP+の1.2メガピクセルカメラでは、6つの設定から解像度が選べる

※今回の検証は、発表会で展示されたデモ機で行っており、製品版では仕様が変わる可能性もあることをご了承いただきたい。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.