ニュース
» 2006年05月22日 11時15分 UPDATE

タフネスケータイ「G'zOne」がWINに進化──「G'zOne W42CA」

G'zOneシリーズがついにWINに昇華した。LISMOやHello Messengerなど、トレンドスペックを搭載し、もう一つのカシオ製端末の顔としてのデビューだ。

[ITmedia]

 カシオ製端末といえば、完成度の高い「W41CA」が発売以来非常に高い人気を誇っているが、IPX7相当の耐水性能を持ったタフネスケータイ「G'zOne」も有名だ。4年ぶりの復活を果たした「G'zOne Type-R」から1年、待望のWIN対応モデルが登場した。

yo_gzonew42ca.jpg

 →写真で解説する「G'zOne W42CA」

 Type-Rから一回り大きくなったボディは、印象的なオレンジ、ホワイト、グリーンのカラーをまとい、単純に“タフ”なだけでなく、よりスマートな印象になった。一方、常時表示が可能な円形のモノクロサブディスプレイ「マルチサークルディスプレイ」や電子コンパスを搭載するなど、Type-Rの個性的なスペックはしっかり持ち合わせている。

Photo 「G'zOne W42CA」

 カメラはオートフォーカス(AF)付きの207万画素CMOSで、2.4インチQVGA液晶、赤外線通信機能を装備し、外部メモリとしてmicroSDが利用できる。また、「LISMO」(au LISTEN MOBILE SERVICE)や「Hello Messenger」「EZナビウォーク」の「声de入力」といった、WIN機としてのトレンドスペックをフルに搭載。au ICカードに対応し、「グローバルエキスパート」も利用可能だ。

yo_w42ca02.jpg

 PCサイトビューアもプリインストールされるほか、最長3時間まで録音が可能なICレコーダー機能、モバイル辞典といった実用性の高い機能を揃え、従来のG'zOneのコンセプトを求めるニーズに加えて、さらに幅広いユーザー層にアピールする端末となっている。

機種名 G'zOne W42CA
サイズ(幅×高さ×厚み) 53×117×29ミリ
重さ 155グラム
連続通話時間 約190分
連続待受時間 約240時間
アウトカメラ AF付き有効約207万画素カメラ
インカメラ なし
外部メモリ MicroSD(別売)
メインディスプレイ 2.4インチ(240×320ピクセル)6万5000色TFT液晶
サブディスプレイ 1インチ(100×100ピクセル)モノクロ液晶
ボディカラー ボルケーノオレンジ、グレイシャーホワイト、マナウスグリーン
新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.