ニュース
» 2006年05月22日 11時20分 UPDATE

ボディも機能も、仕事用と遊び用で切り替え──「W42H」

W42Hは、アドレス帳や予定表を、仕事用とプライベート用で切り替え可能なWIN端末。内部機能だけでなく、外見もカスタムバングルで着せ替えできる。

[ITmedia]

 auの夏モデルとして登場した日立製作所製のWIN端末「W42H」は、1つの端末の中に2つの顔を持つ端末だ。

 最大の特徴は、利用シーンに合わせて端末内のスケジュールやアドレス帳、待受画面、着信音、画面配色を切り替えられる「Wシーン機能」。ビジネス利用時やプライベート利用時などで、予定や連絡先が異なることに着目した機能だ。あらかじめ設定しておくと、[*]キーの長押しで、利用シーンに合わせて設定した最大2つのモード間を行き来できる。

 →写真で解説する「W42H」

 内部機能だけでなく、デザイン面でも切り替え機能を用意。背面にある細いライン状のパーツを付け替えることで端末の雰囲気を変えられる「カスタムバングル」を装備した。カスタムバングルは1モデルにつきの3種類が付属する。端末のボディカラーはオニキスブラック、マイカホワイト、クォーツオレンジの3色。

Photo 折りたたみ型のWIN端末「W42H」。外部メモリはmicroSDを採用

FeliCa、音楽、FMラジオ、手ブレ軽減カメラを搭載

 ハイエンドWIN端末としての機能も充実している、おサイフケータイとして使えるFeliCa機能を装備し、音楽機能では着うたフルに加えSD-AudioやFMラジオ機能も用意。音源チップにヤマハの「AudioEngine」を採用したことから、音楽機能は最長16時間連続で利用できるようになった。動画再生機能はSD-Videoに対応。PCなどで録画したASFファイルをminiSDに保存すれば、携帯で再生できる。

 カメラはオートフォーカス機構付きの207万画素。手ブレや被写体ブレを軽減するため、シャッタースピードの高速化とカメラの高感度化を図っているという。

6種の辞書をプリセット、PCサイトビューアーとPCドキュメントビューアーも

 ビジネスシーンで役立つ各種機能も装備した。PC向けサイトを閲覧可能な「PCサイトビューアー」や、Word、Excel、PDFなどのビジネス文書を携帯で再生できる「PCドキュメントビューアー」、最長3時間録音可能なICレコーダーを搭載。ほかにも三省堂デイリーコンサイスの英和・和英・国語辞典や、「英会話とっさのひとこと」(DHC)、「ビジネスキーワード」(日経BP)、「サプリメント辞典」(日経BP)をプリセットしている。外部インタフェースとして赤外線ポートを利用可能。au ICカード(2005年7月の記事参照)にも対応する。

機種名 W42H
サイズ(幅×高さ×厚み) 50×100×25ミリ
重さ 約120グラム
連続通話時間 約200分
連続待受時間 約270時間
カメラ AF付き有効207万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売)
メインディスプレイ 2.4インチ(240×320ピクセル)約6万5000色相当TFT
サブディスプレイ 0.9インチ(96×64ピクセル)白色有機EL
ボディカラー オニキスブラック、マイカホワイト、クォーツオレンジ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.