ニュース
» 2006年07月20日 20時18分 公開

ソフトバンク、「モバイルWiMAX」実験用無線局免許を申請──商用化に向け

ソフトバンクグループは、広帯域の移動無線技術「モバイルWiMAX(IEEE802.16e-2005)」における実用実験用無線局免許の申請を行ったと発表した。免許申請/実験主催はボーダフォンが行い、実証実験を9月より開始する予定。

[岩城俊介,ITmedia]

 ソフトバンクグループは7月20日、広帯域移動無線技術「モバイルWiMAX(IEEE802.16e-2005)」における実用実験用無線局免許の申請を総務省に行ったと発表した。

 同社は、2005年10月に第3世代の移動通信システム(W-CDMA)、無線LAN、モバイルWiMAXの3種類のネットワークを利用した実験に成功。2006年1月にWiMAX推進準備室を設立し、研究開発を行ってきた。

 今回の実験はボーダフォンを免許申請者および実験主催者とし、モトローラの協力のもと、2.5GHz帯におけるモバイルWiMAXの電波伝搬特性や伝達速度、高速なハンドオーバー技術を含む移動性などの性能評価を行う。

 基地局を5つ設置し、合計13セクター構成となる広いエリアにおいてモバイルWiMAX対応携帯端末25台を使用する。既存のW-CDMA基地局局舎にモバイルWiMAXを実験基地局を併設し、システムの設備投資効率性に関わる調査も行う予定で、国内最大規模のモバイルWiMAX商用化に向けた実験となるとしている。

ソフトバンクグループのモバイルWiMAX実証実験概要
実験期間 2006年9月〜2007年1月
実験エリア 東京都江戸川区葛西
周波数帯 2.5GHz帯
実験内容 無線伝送特性の評価
周波数利用効率の検証
高速移動時、異なるシステム間のハンドオーバー性能の検証
ほか
基地局数 5局(13セクター構成)
携帯端末数 25台
免許申請社/実験主催社 ボーダフォン
実験協力社 BBモバイル、ソフトバンクBB、日本テレコム

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう