連載
» 2006年08月22日 23時03分 UPDATE

長期ロードテスト「F902iS」No.5: メールの隠し方、教えます (1/2)

携帯メールを見られた結果、大ゲンカ……そんな苦い経験がある人もいるのでは? とはいえがっちりロックをかけても、何か隠していることはバレバレです。今回はF902iSで、見られちゃ困るメールを上手に隠す方法をお教えします。

[吉岡綾乃,ITmedia]
photo F902iS

 もう1年半くらい前に掲載したものなのですが、「恋人の携帯、盗み見たことってあります?」という記事を今でもよく覚えています。ネットで1020人に「他人の携帯を盗み見たことがあるかどうか」と聞いたアンケートを元にした記事で、アンケートの結果は、見たことがある男性が18%、女性は38%でした。

 記事を書いたS記者(男性)にアンケート結果についての感想を求められたので、「ホントはもっと高い数字だと思いますよ、特に女性は。『私のことが好きなら秘密なんかないはず、好きな人だからこそ見ていいの』と考える女の子は多いのでは」と進言したところ、「女の人ってそんなものなの!?」とショックを受けていましたっけ。まあ、私自身は人の携帯は見ないですし、もちろん見られるのもイヤですが……。

 たまにバラエティ番組で、タレントが携帯の内容を公開させられていたりしますが、見られて困るものなら、ちゃんと隠せる携帯にすればいいのに、と思ってしまいます。そんなわけで今回は、F902iSで“特定の人からのメールを隠す方法”です。

ポイントは「プライバシーモード」

 アドレス帳やメールデータにロックをかけられる機種は多いですが(F902iSでのロックのかけ方については前回記事を参照のこと)、ビジネス用途ならともかく、プライベートメールを隠したい場合はこれも問題。フォルダにカギマークが付いたり、いちいち暗証番号を求められたりと“いかにもロックがかかっています”といった状態では「ちょっと、何か見せられないものでもあるの?」と必要以上に疑われかねません。

 そんなときに便利なのが「プライバシーモード」。ポイントは、“隠していることを人に気付かれないように特定の情報だけを隠せる”ところ。富士通のほか、東芝製端末の一部にも搭載されている機能で、東芝製端末では「セキュリティモード」という名前で呼ばれています(2005年2月14日の記事参照)

 F902iSでプライバシーモードの設定をするには、「メニュー」→「設定/NWサービス」→「セキュリティ/ロック」→「プライバシーモード設定」から。プライバシーモード設定では、「電話帳・履歴」「メール」「マイピクチャ」「iモーション」「スケジュール」「iアプリ」の6項目について設定できるほか、プライバシーモードを自動起動するかどうかを選べます。

 メールについては「表示する/認証後に表示/指定フォルダを非表示」の3段階から選択可能。その他の5項目は「表示する/認証後に表示」のどちらかを選びます。「表示する」を選べば、何も隠さずに普通に表示しますが、「認証後に表示」を選ぶと、その項目を表示しようとするたびに指紋認証画面が出てきます。

 特定の人からのメールを隠すには、「表示する/認証後に表示/指定フォルダを非表示」の3段階から「指定フォルダを非表示」を選びます。こうすることで、特定のフォルダに入っているメールを、プライバシーモードでは隠しておくことができます。「xx分後に自動起動」を選んでおけば、自動的にプライバシーモードになるので、どこかに携帯を置き忘れてしまったような場合にも安全です。

photo プライバシーモードで「指定フォルダを非表示」を選べる設定項目は「メール」だけ(左)。「認証後に表示」を選ぶと、電話帳を表示してもスケジュールを表示してもいちいち指紋認証画面が出てくる。これでは、隠していることがバレバレ(右)
photo プライバシーモードでは各項目についての表示方法を設定できるほか、「操作しなくなってx分後にプライバシーモードを自動起動」という設定も可能

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.